ヨコハマ スローライフ

ゆったり、まったり、横浜スローライフ。ありふれた毎日を心地よくする音楽、雑貨、グルメなど…

September 2006

Made in Heaven / クイーン

Made in Heaven1995発売のクイーンのMade in Heaven。名作か駄作かで賛否両論のアルバムですが、僕は当時期待していなかっただけに「おお、すげーいいじゃん」と愛聴しておりました。

このアルバムはフレディ・マーキュリーが1991年11月に亡くなった後、バンドの手元に残っていた大量のデモ音源のヴォーカル・トラックを完成させて作られたものですが、これほど透明感のあるボーカルアルバムにはなかなか出会えないと思いますね。今日久しぶりにこのアルバムを聴き直していますが、これは駄作なんかじゃ絶対ありませんね(ロックアルバムじゃなくボーカルアルバムという意味で)。だって文句なく楽曲がいいもの。

日本では近年ドラマの挿入歌として使われて初めてクイーンの存在を知った人も多いかもれませんけど、このアルバム良いですよ。

インテリアになる、メルヘンなスプーンたち。

おとぎ話のスプーンセット1このブログでは通常、週に2つしか商品紹介しないのですが、今朝、妻からこれはぜったい可愛いから載せて、と強引に頼まれたのがコレ、おとぎ話のスプーンセット です。

写真を見てお分かりの通り、陶器製の立ちスプーンセットで、おとぎ話をイメージして作られています。キャラクおとぎ話のスプーンセット3ターはもっくん・魔女・ロビン・少女・妖精の5種類。それぞれのキャラクター達の表情が最高にキュート!子どもはもちろん、お客さんにも喜ばれそうです。でも、これって使うのが何だかもったいない気になりますね。そこがちょっと問題かも・・・。

カワイイ?コワイ??トカゲの口から・・・。

トカゲ(リザード)のシャンプーボトル3ウチの息子、実は大のトカゲ好きなんです。なぜトカゲなんだかわかりませんが、公園とか動物園とかに行くと良くつかまえます。ちなみに姉は別に好きなのではありませんが、もっとトカゲを捕まえるのが上手です(ザ・トカゲハンターと呼ばれています)。

トカゲ(リザード)のシャンプーボトルトカゲ(リザード)のシャンプーボトル1これは、そんな全国?万人のトカゲファンが泣いて喜ぶ、ダルトンのトカゲ(リザード)のシャンプーボトル です。シャンプーやハンドソープなどを入れてわき腹の部分をつまむと、大きく開いた口から中身が出てきます(ぐえ〜)。トカゲ達には吸盤がついているので、お風呂のタイルや洗面所の鏡にくっつけておけば、(ごく限られた人にとっては)実に楽しいインテリアにもなります。サプライズ系雑貨としてプレゼントにもオススメですよ(それにしても最近紹介してるのこんなのばっかりだなあ)。

おおきなトウモロコシのインテリアチェア

とうもろこしコーン椅子2とうもろこしコーン椅子1とうもろこし、おいしいですよね。特に醤油を塗ってジューっていう具合に焼くと最高です。お祭りなんかの屋台で売っていると、あの香ばしい臭いに引かれます。ああ、食欲の秋!

とまあ、前置きはこれくらいにして、今日ご紹介するのは「何これ?」っていう感じで、皆に注目されちゃうとうもろこしコーン椅子 。見れば何の形かすぐにわかる、このベタなストレートさがいいですよね。ご覧のように細かいところまでリアルに作り込んでいます。安定感も座り心地もGOOD!です。部屋に置いておくだけでなーんか和みますね。これを見ていたウチの妻と娘、「こんなの狭い部屋にあったら邪魔じゃない」と言っておりました。ったく現実的なんだから・・・生活の潤いがわからないんですかねえ。

そうそう、潤いと言えば、今日はテレビで「ナースあおいSP」があるので、いつもより早く帰ってきました(実は、石原さとみファン)。

スラバヤ / インドネシア料理もイイね。

スラバヤ5スラバヤ6

この間ワールドポーターに夫婦で行った時、妻が珍しく「インドネシア料理なんかどう?」と言って(どうした事だ!)、入ったのがココ、スラバヤだ。僕はインドネシア料理っていうとナシゴレンぐらいしか思い浮かばないので、せっかく来たのだからとコースで頼んでみた(というか単品だと何を頼めばいいかわからないよね)。

スラバヤ3スラバヤ2スラバヤ4僕たちが頼んだコースは前菜・スープ・肉料理・魚料理・ナシゴレン・デザート・コーヒーの7品だが、メインは肉料理の「牛肉の角煮インドンシアスタイル」と魚料理の「魚の唐揚げダブダブソース」。肉料理はココナッツミルク風味のちょっと甘い味わいで美味いんだかよくわかない味。魚料理はサンバルというインドネシア独特の調味料を使った辛い料理。サンバルは生のトウガラシ、トマト、ニンニク、塩、胡椒などを潰して炒めたもの。こっちは結構好みかなあ。

子連れではエスニックは食べられないので、中々楽しい一時だったけど、その昔マレーシアに行った時に食べた強烈に香辛料の強い料理に比べると、この、スラバヤ、ずいぶん癖はないように感じた。今度は、そうですねェ、ビンタンビールやバリハイでも飲みながら食べたいネ(ったく、いつも通りの結論で、困った奴)。

hapes and Patterns / Swing Out Sister

Shapes1997年のSwing Out SisterのShapes and Patterns。前作のLiving Return はジャージーでしたが、このアルバムは従来のSwing Out Sisterの路線に戻った感じで、昔からのファンの僕としては愛聴したものです(このアルバム、捨て曲が一つもないのが凄い)。

この頃、「あなたにいてほしい」という曲がTBSのドラマ主題歌に使われ、その影響でSwing Out Sisterも少しメジャー化していました(ヒットスタジオか何かに出演していました。今考えると、瞬間風速の人気でしたが・・・笑)。

「あなたにいてほしい」という曲名を知らなくても、ピアノのイントロを聞くと、「ああ、あの曲ね」なんて人も意外と多いかもしれませんね。ちなみにこのドラマは「真昼の月」という常盤貴子主演のドラマで、レイプされた女性の心の傷を題材にした重いテーマのものでした(記憶違いだったらすみません)。

Swing Out Sisteは、都会的でスタイリッシュなサウンドが魅力ですが、ブリティッシュらしい陰りや湿りもあり、米国製AOR系とは明らかに違いますね。空気が澄んでいる日、そうですね。家でリラックスしたいときに聞くといいですよ。

コレナンデスカ?醤油差ノ時計デ〜ス

pesce tempo誰もが知っている、お弁当の中に入っている魚の形をした醤油差。このアッシュコンセプト pesce tempo は、その魚の形をした醤油差と、透明なアクリルの文字盤、そして SEIKOのムーブメントの組み合わせで生まれたとっても素敵な時計です。

pesce tempo はイタリア語で直訳すると「魚の時計」という意味。グラデーション調に全部違う色をした醤油差の中に水が入っています(残念!醤油じゃありません。笑)。意外と視認性もよく、時間を確認するたびに笑顔になります。

ジャジャーン!本日、醤油差の新たな歴史がスタートしました。引越しなどプレゼントとして最適ですよ。

電子レンジで簡単に本格エスプレッソ

ブログネタ
手作り大好き!! に参加中!
Mamyエスプレッソマシン電子レンジを使用して、香り豊かなエスプレッソができてしまうMamyエスプレッソマシン iconをご紹介。イタリアのプロゲット社のもので、エスプレッソの作り方はとても簡単です。本体の下部に水を注ぎ、エスプレッソ用に挽いた豆をセットして電子レンジに入れるだけ(これなら僕にもできそうだ)。

ブラック×イエローのスタイリッシュなルックスも、イタリアならではのセンスの良さを感じさせてくれます。このエスプレッソマシン、手軽さと安全性が認められ、 NATO諸国の海軍にも使用されています。凄いですね。もちろん忙しい朝に◎。本場イタリアのエスプレッソを再現できて、気分はもうバリスタですね(単細胞なヤツ)

女性ロッカーを聴いて、スカッとする。

ブログネタ
今日のCD・レコード に参加中!

プリテンダーズ今週のCD紹介は、80年代に一世を風靡したロックバンド、プリテンダーズのデビュー作、Pretendersです。プリテンダーズと言えば、今だにロック好きから語り継がれるバンドですね。紅一点の女性ロッカー、クリッシー・ハインドのハスキーで、ロックらしい歌声に男子はしびれたものでした(笑)。本作品は全英ナンバー1になったシングルKid が収録された80年発売のファーストアルバム。イギリスのみならずアメリカでも高い評価を受けることとなり、翌81年にはグラミー賞の4部門にノミネートされました。まだまだパンクの要素が残っているプリテンダーズが最高にCoolでした。

当時、バンドでギターをやっている友人で、大のプリテンダーズファンから無理やりLPを貸してもらったものです。彼はクリッシー・ハインドのファンジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツでしたが、若かった僕は、当時人気を二分していたジョーン・ジェッツ(ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ)の方がセクシーで好きでした(オトコの本能かな)。グレイテスト・ヒッツ・オブ・ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツというベスト盤が発売されていますので、スカッとしたい人はこちらも聞いてみてくださいね。

運動会でしくじる

仮面ライダー目覚まし時計いつものように息子のお下がりの仮面ライダー目覚まし時計で起きた。この目覚まし時計、けたたましいBGMと共に「朝だ!起きろ!モンスターだ!変身!」と叫び、セットを解除すると、「よく起きたな」とのたまう(やれやれ、普通の目覚ましが欲しい)。

運動会風景今日は運動会だ。天気も久しぶりにいい。でも僕は昨日ワインを結局1本飲んでしまい二日酔い。どんよりだ(バカな奴)。運動会でお父さんの役目と言えば、当然ビデオ撮影。でも運動会って子供たちが皆、同じ体操着を着ているから、どれが自分の子か区別がつかない(でしょ?)。ある年は違う子を一生懸命ビデオで撮ってしまい、妻から「な〜にやってんのよ」と叱られたことがある(涙)。

今年はこういう間抜けなことをしないようにと思ったけど、二日酔いという事もあってコンディション最悪だ。運動会での我が家のハイライトは息子のかけっこ(徒競走)。コイツは両親に似ないで、めっぽうかけっこが速い(毎年1位)。息子が出掛けに「お父さん、ちゃんとビデオ撮ってよ」と念を押された(自分の見せ場を知っている奴)。
運動会お弁当でも、やはりと言うか昼食を食べたあたりから調子が下り坂になり(妻の作った弁当に食あたりした訳じゃない)、息子の徒競走の時にはボ〜っとしてビデオ撮影のタイミングを逃し、気づかない間に息子の番が終わっていた。妻には「まったく毎年毎年、運動会の日っていうと二日酔いじゃない」とチクリとやられ、今年も肩身の狭い思いで帰ってきた(涙2)。

慶苑と王家菜館

ブログネタ
中華料理 に参加中!

慶苑飲み会のない金曜日、いまワインを飲みながら書いている(結局のところ、いつも通り飲んでいるわけ。笑)。
僕は上大岡駅をよく使うんだけど、鎌倉街道沿いの雑居ビルの2階に慶苑という美味しい中華料理屋がある。もとスナックだったようで、店中はその面影を残す作り。中国山東料理と看板には書いてあるがメニューにその気配は感じられない(笑)。周囲は風俗系の店もあり決して場所もよくない。でもね、この店、口コミですご〜く流行っている。何といっても美味しい。量もある。それにリーズナブル。駅からちょっと遠いけど、わざわざ行く価値大(ブログに書こうかどうか迷ったけど、書きました)。

上大岡にはもう一軒美味しい店がある。それは、お取り寄せ生活研究aikoのお取り寄せ日記で紹介されていた王家菜館。「中華街に行かなくても上大岡で安くて美味しい水餃子や中華料理が食べられる」という評価はホントで、お店は綺麗じゃないけど確かに美味しい。ここの売りは餃子で、超特大の餃子は中華街でもこれだけのものは食べられないと思う(ちなみに店員の無愛想さも中華街のようだ)。

普通の街の普通の中華屋で、こういう美味い中華料理が食べられるのは、やっぱり横浜ならでは。この2軒、後悔はしないはず(たぶん)。上大岡駅にお越しの際はぜひどうぞ。

青色LEDがクールでお洒落!

ブログネタ
大好き!雑貨 に参加中!
LED CLOCKスタイリッシュな大きなデジタル時計。インテリア雑誌なんかで良く見かけます。かっこいいですよね。何と言っても大きなLED表示が、部屋のインテリアに強烈なインパクトを与えてくれます。

今日はそんなスタイリッシュな魅力に溢れたデザインの時計、LED CLOCK をご紹介。青色の文字が超クールですよね。しかもLED光ファイバーを使用していますので電球が切れたりLED CLOCK2しません。つまり半永久的にそのままの状態で使えて経済的っていうわけです(消費電力も少ないですよ)。MULTI・BOX・ROUND・WIDEの4タイプありますから、好みで選んだりもできます。

この未来的な雰囲気に時間を忘れてしまいそうですね(忘れたら時計の意味ないか!?)。

インテリアにうるさい人も納得!のパズル

PUZZLE TREE2カラフルなカラーとシャープなデザインが、抜群に洒落なPUZZLE TREE 。これ、ただのインテリアじゃなくて立体パズルなんです。パーツを自由に組み合わせれことで、お好みのツリーを組み立てられます。

パーツは幹・枝・葉・ベースからなり、葉の数は50枚、実の数は11個です。大人PUZZLE TREEから子供までワイワイ皆で楽しく遊べるのがいいですよね。お部屋のインテリアにもとても栄えますし、ギフトとして喜ばれそうですね!
※すべて木の素材。カラーバリエーションはカラフルな3色。

ソレイユの丘

ソレイユの丘1ソレイユの丘4ソレイユの丘に行って来た。ソレイユの丘は三崎口近くにある大きな公園。僕らは「太陽がいっぱい、プロヴァンスな休日」という車額ポスターのキャッチコピーに魅かれて出掛けたわけ(ホント宣伝に弱い家族)。周囲はただの農村で、南欧プロヴァンス風なのは園内のレストラン等の建物だけだった(笑)。でも、入園料はなく、駐車場料1000円というのはファミリーには嬉しいね。

ソレイユの丘2ソレイユの丘3公園内は「街のエリア」「村のエリア」「まきばのリア」「水のエリア」の4つにわかれているけど、何と言ってもファミリーや子供たちに人気なのは「水のエリア」。幼稚園くらいの子供たちってじゃぶじゃぶ池好きですよね。今日は気温が高かったので気持ちよさそう。キッズガーデンにはアーチェリー(これあるのって珍しいね)があり、ウチの子供たちも初挑戦した。最初は「おいおい芝生に穴あけてどうするんだ」っていう感じだったが、慣れてくると娘がハマッてしまい、連続5ゲームもやった。将来は弓道部かなと一瞬思ったけど、何でも興味を持つ割には長続きしないから微妙だ。

ソレイユの丘はバーベキューレストランや動物ふれあい広場、乗馬場などもあって1日楽しめそう。幼稚園から小学校低学年までがジャストターゲットで、それ以上の学年の子は、野菜作り・アイスクリーム作り・ソーセージ作り・オカリナの絵付け等の「体験プログラム」に参加した方が面白そうだ。

そうそう、展望台から見た海の眺めは最高でしたよ。

山下達郎 COZY

ブログネタ
今日のCD・レコード に参加中!

cozy1998発売の山下達郎のCOZY。達郎が7年ぶりにリリースしたアルバムということで、結構話題になりました(たぶん)。当時、妻がこのアルバムをよく聞いていたんですが、あまりにも昔と変わっていないのに呆れると共に、なぜかすごく感心したものです。

この人、シュガーベイブの頃からオリジナリティーが確立されていて、どの曲も山下達郎なのが凄いですね。個人的には、このアルバムの中では「ドリーミング・ガール」が一番好きかな。録音も良いし完成度が高いです。そういえば草君(SMAP)が教師役をやっていたTVドラマの主題歌「 いつか晴れた日に」も入っています(密かにTVドラマ好きな奴)。

山下達郎は日曜午後2時から「サンデー・ソングブック」というラジオ番組(東京FM)を長くやっていて、ウチの夫婦は昔からこのラジオ番組のファンです。"棚から一つかみ”なんていうマニア好みの企画が、僕としては嬉しいです。山下達郎という人、本当に音楽を愛しているんですよね。

正しい発音でラベリング

ブログネタ
超おすすめいちおし商品 に参加中!
DYMO COOL CLICKS「まだこんなのあったんだ」っていうもの、ありますよね。例えばテプラやダイモのようなラベルメーカー。PCが今ほど便利じゃなかった頃、オフィスで家庭で、随分お世話になっていました。

そんなラベルメーカーの進化形がコレ、ダイモのDYMO COOL CLICKS  です。ラベルを作ると、ABC・・・と発音するんです。Aをダイヤルで選んでギュッと握れば「エィ」、2を選べば「ツー」とキチンとネイティブな発音の音声が出るわけです。まあ、言ってみればそれだけなんですが、いいじゃないですか。子どもはローマ字の勉強をしながらラベルを作れるわけですし、大人はオモチャ感覚でドンドン使えますから・・・。
あればあったで、これって結構便利なステーショナリーですよ。

この秋、アートなウォッチで決める。

ブログネタ
大好き!雑貨 に参加中!
AKTEO (アクテオ)/ギャング芸術の秋にちなんでアートなウォッチをご紹介。『時を刻む道具』という概念をすっぱり取り払ってくれるのがこれ、AKTEO (アクテオ)/ギャング ギャングです。

AKTEOはパリやサンフランシスコの現代美術館のミュージアムショップで取り扱われていて、その美しさ、モダンテイストは折り紙つきです。写真はギャングモデル。カポネを彷彿させる文字盤に銃痕がくっきりと残っています。こういうちょっとしたところが魅力なんですよね(エスプリっていうやつです)。

こういうウォッチをさりげなくできるレオンな男性になりたいものです(ただの願望。実現不能)。

東扇島西公園

東扇島西公園1東扇島西公園2妻の実家に遊びに行ったついでに、扇島(川崎)の東扇島西公園で息子と釣りをした。妻と娘を実家に残して夕方から日没までの2時間限定のトライだ。この公園はとにかく広く、足場もいい。しかも駐車場も施設使用料も無料。首都高の「東扇島」を出るとすぐなので、ファミリーの釣りには便利でお勧めだ。

今の時期はキスやアジのサビキ釣りをしている人が多く、10cmくらいの小ぶりのものがぼちぼち釣れている。今日は第一投目から息子が糸を絡ませ調子が狂う(すぐに釣りに飽きバッタ取りを始める。やれやれ)。僕の方もなんか調子が出ずタイムオーバー。次回は釣り人らしく早起きし、早朝から東扇島西公園に行き、ばっちり釣りに集中して、リベンジを図るつもりだ(ったく最近ボウズ続きだからなあ)。

MILLION KISSES

ブログネタ
音楽ネタ に参加中!

MILLION KISSES1991年発売のDreams Come True のMILLION KISSES。確か彼らの3rdで、名曲として知られる「未来予想図」も入っているアルバムです。ちょっと浮遊感のあるシンセポップ系(ペットショップボーイズ等の系譜ですね)の音作りが、当時っぽいです(笑)。そう、今聞くと「こんな隙間だらけの音だったけ?」という感じですが、吉田美和の作詞の才能はこの頃から傑出していて、妙なリアリティがあります。このあたりがドリカムの普遍的な魅力なんでしょうね。それにしてもドリカムと竹内まりあって、あの頃、耳にタコができるくらいカラオケで聞きましたねえ。

あとMILLION KISSESとは関係ないですが、中山美穂(実は昔ファンでした)が出ていた昔のTVドラマの主題歌に、ドリカムの「笑顔の行方」が使われてたのをご存知でしょうか(たぶん少数派?)。僕の記憶が正しければ、このドラマのオープニングでタイトル曲が流れる時、中山美穂がパジャマ姿で歯ブラシをくわえて体操しておりました(記憶違いかなあ)。 実にどうでもいいコトですね。

ご挨拶
2015年10月、10周年を機会にブログタイトルを「ヨコハマ スローライフ」に変えました(原点回帰ですね)。たまに思いついたように日記を書いています。
バックナンバー
最新コメント
リンク