ヨコハマ スローライフ

ゆったり、まったり、横浜スローライフ。ありふれた毎日を心地よくする音楽、雑貨、グルメなど…

November 2006

キレイ、簡単、H2Oキャンドル。

H2Oキャンドル1先日のテーブルランプに引き続き、クリスマスシーズンを楽しく演出するための商品です。まずは、カラフルなこの美しいキャンドルの数々を見てください。僕の好みは一番左側グリーン、妻はオレンジ、息子はブルー、娘は今お風呂に入っているから不明です(最近登場が少ないクールなわが娘)。

H2Oキャンドル2これらのキャンドルはH2Oキャンドル と言って、95%が水で出来ています。H2O キャンドルは、水とクッキングオイルで簡単に楽しめるフローティングキャンドルなんですよ。ガラス玉や造花などを入れてアレンジをしたり、大きい器にたくさんのフローターを浮かべたりと、工夫しだいで楽しく、そして美しい演出ができます。

カラフルな水面にたゆたう灯火は、素敵なひと時を照らしますよ(BGMはゴージャスなジャズボーカルが合いそう)。作り方はいたって簡単!水とキッチンオイルだけで作れます。

カラフルなテーブルランプが似合う季節

テープルランプ1いやあ、寒くなってきましたね。日が暮れるのも早くて夜が長いです。

こんな季節に、にぎやかで楽しいテーブルランプはどうでしょう。このルームランプ インテリアテープルランプ なら、色々なモチーフのイラストが描かれていて、部屋を明るく彩ってくれそうです。テープルランプ2

Xマスシーズン、ちょっとしたプレゼントにもいいかもしれませんね。柄はサイン・フラワー・アニマルの3種類です。お好きな柄はどれですか? どれも子供部屋に似合いそうですね。

原宿で雑貨屋めぐり

表参道1表参道2約1年ぶりに家族で原宿に遊びに行った。前回は1時間もかからないで行けたのに、今日は246が大渋滞で原宿に着いたのは12時近く。しかも、いつも駐車するビームス近くのパーキングが無くなっていて、空車表示のパーキングを探していたら結局、渋谷パーキングまで行ってしまい、「もう面倒だ。原宿まで歩けばいいじゃん」と割り切って停める。

雑貨屋めぐりをする前に、standard deliまずはstandard deliというバーガー屋で昼食にする。ここはハンバーガーやホットドッグがメインメニューで、ストリート系ファーストフードの気分を出すために、キッチンはアルミバン(車だよ)風になっている。味の方も本場っぽく大味。ボリュームだけはある。昼食の後、今日の目的である表参道ヒルズに向かう(妻の希望)。でも、表参道ヒルズは子供たちが面白いはずはなく、一通り見て歩いた後、ラジコンで有名な京商のショップに落ち着く。表参道ヒルズは中が狭いと聞いていたが、空気もちょっと篭り気味。長居せず退散する。今日は有名どころ、古着屋も入れて7軒ご紹介。

ElefanteElefante
親子や乳幼児のいる夫婦にもお薦めの雑貨屋。絵本、人形、文房具、アクセサリーや木の玩具などの鮮やかな色彩とユニークな形が見る者の心を躍らせる。
Assist onAssist on
良いデザイン、使う楽しさを与えてくれるような製品を集めた雑貨屋。Mac系雑誌でお馴染みの大谷和利氏がアドバイザーをつとめている。デジタル関連商品も多いので、男性も楽しめる。
VOICEVOICE
昔から原宿にある超有名な古着屋。他ではちょっと手に入らないもの結構並んでいる。西海岸やオールドアメリカ、ビンテージテイストが好きな人はぜひ。業界指数高し。
spiral
spiral
U.S.ビンテージトイ(アメリカの古いおもちゃ)のショップ。2階もある。壁から天井まで1点物のお宝がいっぱい。ここはマニア垂涎だね。
CUNECUNE
ユニークなTシャツが欲しいならココ。可愛いけど、クセがあるデザインが魅力的だ。原宿の他にも下北沢にある。女子にも男子にもファン多し。
FreiheitFreiheit
比較的新しいた輸入ステーショナリー専門店。文房具っていうよりステーショナリーっていうニュアンスがぴったりでカラフルで可愛いアイテムが多い。場所はもの凄くわかりにくい。
Art style marketArt style market
アーティスティックな生活空間を演出してくれるショップ。昆虫標本や学校の理科室にあった器具が並ぶ。ガラス製品が多く、子連れだとヒヤヒヤもの。

久しぶりの中華街

Foodiun Bar 一瑳昨夜は、横浜ベイクォーターの 「Foodiun Bar一瑳」で閉店時間まで飲んでおりました。ここは創作料理とカクテルの豊富さが売りで、店内もとても洒落た雰囲気です。休日前という事もあり非常に混雑していました(女性が多かったです)。 フーズ関係が結構充実していますので、お酒はちょっと苦手という人が連れの場合にお勧めです。

1123中華街1そんな訳で今日は例によって二日酔い気味です(懲りない性分)。こんな時はやっぱり汁ものが食べたいわけで、えびワンタンで有名な慶華飯店(中華街)に食べにいきました。ここは看板はなく、実に目立たない店なのですが、何度行っても長い行列が出来ていて、「ただのワンタンがそんなに美味いのか?」と今までずっと気になっていたところです。 子供たちとマリオカートに熱中してしまい(実に大人気ないなあ)、中華街に着いたのは12時ちょうど。「こりゃあ今日もだめかあ」と思いながら慶華飯店に行くと、今日は誰も並んでいません。「あれっ?」と拍子抜けしながら、中華料理店らしからぬスタイリッシュな店内に入りました。

1123中華街21123中華街31123中華街4我が家は、念願のえびワンタン・チャーハン・シュウマイ等をオーダーしました。出て来たえびワンタンは、肉たっぷり&スモールな海老で作られていて、見た目よりもずっとお腹がいっぱいになります。肝心の味は、期待が大きかっただけに「?」といったところです(残念)。シュウマイはハッキリ言って許せないレベルです(かつてないほど)。慶華飯店、以前はもっと美味しかったのでしょうか。

1123中華街5すっかり落ち込んだ気分を取り戻すために、お馴染みのチャイハネで娘におまじないグッズを買ってあげて、帰ってきました。久しぶりの中華街、休日ということもあって大変混雑していましたが、裏通りにある地味な店が美味しいという傾向は、実際のところあまりないですね。

アツアツになれるマグカップ

ブログネタ
日々の暮らし に参加中!
キス マグカップ1寒くなってきましたね。こんな季節にはアツアツになれるキス マグカップ はいかがでしょうか。4人のボーイ&ガールズのマグカップです。みんなキスする時の表情がとっても個性豊かで、思わず微笑んじゃうくらい可愛いです。

キス マグカップ2取っ手にKiss Mugのロゴが入っていたり、マグの形も背伸びしているように少しわん曲気味になっていて、なかなか作りも凝っていますよ。クリスマスシーズン、ちょっとヒネリの効いた贈り物として、どうですか?

雨の日、マリオカート。

マリオカートDS今日は寒かったですねえ、横浜は12月中旬頃の気温だったそうです。しかも雨。僕は久しぶりに子供たちとゲームをやりました。やったのはお馴染みの「マリオカートDS icon」です。

僕がマリオカートを夢中になっていたのはスーパーファミコン時代で、妻と毎晩毎晩、熾烈なレースをしていました。妻は巧妙な(悪く言うと意地悪な)妨害をするタイプで、「ちくしょう。セコイ手をつかったな!」なんて言いながらやっていました(まったくアホな夫婦)。今日はそんなバカバカしくも懐かしい事を思い出しながら、DSのマリオカートを子供たちとやっていたわけです。世間ではPS3が話題ですが、小学生はやっぱりニンテンドーなんですね。マリオ、今やっても面白いです。

1995年。ハチミツ。

ハチミツもう10年以上も前になるんですね、スピッツのハチミツ 。このアルバムはスピッツの作品の中でも屈指の完成度を持つ一枚です。どの曲もキャッチーなメロディだし、聴くたびに良くなっていくという中毒性も高いです。妻は「スルメ」のような味わいのある曲と言っております(まあ、言いたい事は伝わる表現です)。

このアルバムにはスピッツがブレイクするきっかけとなった「ロビンソン」が入っていて、当時はネオ60'sなんて言われていました。プロモーションビデオはモノクロ、草野君の髪型はビートルズの初期と同じマッシュルームカット、マイクはGS(グループサウンズ)と同じでしたよね。ベストアルバム(CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single CollectionCYCLE HIT 1997-2005 Spitz Complete Single Collection)もいいですが、やっぱりオリジナルアルバムはアーチストの表現したいものを感じられて、良いですよね。このハチミツには「Y」という地味ながらも、傑出した曲(通好み?)も入ってます。

使った人は良さを実感。ファン急増中。

ブログネタ
心地よい暮らし に参加中!
ミルクホルダーアイディア商品です。だからなくても不自由しません。でも、あると便利で手放せません。この SNUPPERT ミルクホルダー もそんなモノ。

牛乳やジュースなど紙パック注ぐのにとっても便利な「取っ手」です。これがあると冷蔵庫の出し入れや、コップに注ぐ時の不安定さもなくなり、家族みんなが笑顔になります(やった!)。そうです!これって、あれば確実に便利アイテムなんですね(納得)。デンマーク製らしくシンプルなデザイン。そして鮮やかなカラー。冷蔵庫の中がなぜかスッキリ、おしゃれになります。こういうアイディア、ちょっとしたことなのに、凡人にはぜんぜん気づきませんでしたね。

ん?ピカッ! ポップでキュートなカード 

ブログネタ
大好き!雑貨 に参加中!

PLAYING CARDSこのPLAYING CARDS は、見たところ何の変哲も無いカードですが、暗い中で光るような加工が施されています(ちなみに、カードケースも光るんですよ)。デザインだっキュートでポップ。遊び心が満載ですね! たまには、家族で電気を消して、暗闇の中でトランプするのもいいですね(そんな事をしたいっていうアホな家族はいないかあ)。また、友達と旅行に行く時なんかは、注目の的になるかもしれません。

PLAYING CARDS2PLAYING CARDS3このトランプを出しているKikkerlandは、以前もこのブログで「ぜんまいのおもちゃ」をご紹介しました。Kikkerlandはニューヨークにある、ユニークなおもちゃ・文具・雑貨などを生み出しているデザイン会社。デザインの良さももちろんですが、とにかくその「ユニークさ」が秀逸ですよ。

※Kikkerland社のwebサイトはこちら→http://kikkerland.com/

 

ロックシティ カワサキ

川崎マリエン3川崎マリエン1川崎マリエン2




川崎マリエンというところに行って来ました。ココは川崎港と市民の交流を深めるために生まれたコミュニティー施設だそうです。貸しバーベキュー場・テニス場などもありますが、ここの目玉はタワー棟10階の展望室でしょうね。地上51mで360度見渡せます。房総半島や東京湾を行きかう大型船、そして夕方から夜川崎マリエン4は美しい夜景などが楽しめます(午後9時まで)。今日は日曜日と言うのに人出はガラガラ。やっぱり市街地から遠い事(工業地帯のど真ん中)、周囲には他に観光スポットがない事がネックなのでしょうか(ここに休日に来るのは釣り人くらいですね)。ウチは「せっかく来たのだから」という、実にありがちな理由で、サメのぬいぐるみを買って帰ってきました(衝動買いです。笑)。

Destroyer僕の場合、工業地帯でイメージする音楽はkissのDetroit Rock City 。そして、この曲が入っているのはDestroyer というアルバムです。kissといえば、歌舞伎を模したメーク、甲虫をイメージするようなコスチュームでビジュアルバンドの元祖的存在。このアルバムはアメリカン・ハードロックを体現したノリの良さ、明るさ、一緒に口ずさめるキャッチーなメロディが魅力です。
カワサキ,ロックンロールが似合う街です。

金曜ドラマの主題歌

Bar&Dining 器色昨夜は鶴屋町のBar&Dining 器色で、D通の人と飲んでおりました。ここは和食ダイニングの店で、創作和食のメニューが豊富。見た目はもちろん、味の方も結構美味しかったです(こじんまりとした店で居心地が良かったですよ)。週末はこういう隠れ家的なダイニングバーで落ち着いて飲むのも良いですよね。

輝け!金曜ドラマ王 90’s週末、金曜日と言えば、輝け !金曜ドラマ王 90’sというCDを見つけました(笑)。90年代のTBS金曜ドラマの主題歌をただ集めたものです(安易な企画が良いでしょ?)。皆さんは、この中でどれが一番記憶に残っているでしょうか?
僕はですね、マイナー党ですから「東京エレベーターガール」(宮沢りえ)がダントツ一位です。この頃の宮沢りえは良かったです。ちなみに妻は「ダブル・キッチン」だそうで、"だからハニー♪”と歌って、去っていきました(能天気な女)。

●収録曲
○冬の散歩道/サイモン&ガーファンクル 「人間・失格 たとえばぼくが死んだら」(1994)
○クリスマスキャロルの頃には/稲垣潤一 「ホームワーク」(1992)
○PIECE OF MY WISH/今井美樹 「あしたがあるから」(1991)
○アリよさらば/矢沢永吉 「アリよさらば」(1994)
○壊れかけのRadio/徳永英明 「都会の森」(1990)
○大切なあなた/松田聖子 「わたしってブスだったの?」(1993)
○今を抱きしめて/NOA 「徹底的に愛は…」(1993)
○格好悪いふられ方/大江千里 「結婚したい男たち」(1991)
○ほっとけないよ/楠瀬誠志郎 「ADブギ」(1991)
○あなたは知らない/辛島美登里 「愛はどうだ」(1992)
○だからハニー/プリンセス・プリンセス 「ダブル・キッチン」(1993)
○Friends or Lovers/PSY・S 「ママって、きれい!?」(1991)
○君だけを見ていた/To Be Continued 「もしも願いが叶うなら」(1994)
○Wildflower/northern bright 「チープラブ」(1999)
○心から好き/宮沢りえ 「東京エレベーターガール」(1992)
○TEARS/大塚純子 「先生のお気に入り!」(1991)
○19番のタンゴ/J.A.M.Cream 「天使のように生きてみたい」(1992)
○すべてはホントでウソかもね/米米CLUB 「新婚なり!」(1995)

温かさに「ホッ」、ぶたんぽ♪

ぶたんぽ1えー、「紹介するのにはちょっと早いかなあ」と思いながらも、冬になるとすぐ売り切れてしまう予感がするのがコレ、ぶたんぽ 。寒くなると、眠る時に嫌なのがヒンヤ〜リ冷えた布団。お風呂でポカポカに温まっても、布団が冷たいと眠る時に「さみー!」って困りますよね。そんな寒い冬に活躍するのがブタの湯たんぽ。この間、「ろくまる五元ぶたんぽ2豚」でブタの虜になり、ブタに愛着を感じているからではありません。まあ、イヌでもネコでもライオンでもいいんですが、やっぱりブタかタヌキが湯たんぽの気分ですね(意味不明)。

カバーは取り外して洗濯できるので、いつでも清潔に保てます。お湯を入れるだけなので、暖房費も節約できて家計に優しいのが嬉しいですねえ(妻談)。サラサラとした気持ちいい肌触りと優しい温かさで、気持ちを「ホッ」とリラックスさせてくれます。表情もキュートで癒されます。

じゃ〜ん。お金がドンドン貯まる貯金箱。

ブログネタ
生活&趣味に役立つブログ? に参加中!
黄金ジャンボポスト貯金箱見てください、この黄金ジャンボポスト貯金箱 。眩いばかりに黄金に輝くこのポスト、実はなんと300万円貯まる夢の超ジャンボ貯金箱(高さ40cm)なんです。

これはホンモノの郵便ポストの約1/4というビッグサイズで、500円なら6,000枚、100円なら7,000枚も入ります(スゲー!)。超大容量です。金色は風水でお金が最も好む色と言われており、金財運を強力に引き寄せる最強の色と伝えられています。

グングンお金が貯まって、あっという間に満杯!(な訳ないかあ)。さあ、レッツ貯金!!億万長者も夢ではありませんよ(なんてね)。

カルチャークラブを聴いて出掛けた運動会

ブログネタ
今日のCD・レコード に参加中!
カラー・バイ・ナンバーズ今日はなぜか朝からCULTURE CLUBのカラー・バイ・ナンバーズ を聴きました。CULTURE CLUBの中ではやっぱりベストと言えるアルバムですね。CULTURE CLUBは80年代前半、「ニューウェイブ」と呼ばれたブリティッシュムーブメントから出てきたバンドの中でも、ソウルフル(モータウン調)なテイストを持っていて、ファッションだけではなく音楽的にも傑出していましたよね。ボーイ・ジョージは当時、奇抜な(でも最高にカッコいい)女装ファッションでまさに一世を風靡したものでした。でも、あそこまでメジャーになったのは間違いなく、当時流行始めたビデオクリップ(MTV)の威力でしょうね。

日本でのニューウェイブ系発信源は「宝島」で、あの頃よくパンク・ニューウェイブの特集を精力的に組んでいました(この話はまた別の機会に)。CULTURE CLUB、久しぶりに「カーマは気まぐれ」「イッツ・ア・ミラクル」「タイム」「ミス・ミー・ブラインド」などを聴くと、いやあ、計算しつ尽くされていたんだなあと思います(売れるわけじゃい)。

町内運動会06−1町内運動会06−2町内運動会06−3とまあ、ここからは全然関係ないですけど、今日は「町内連合運動会」に子供たちと一緒に参加しました。僕はびん起こしや綱引きなどに出て戦利品(3位までに入ると賞品が出る)をゲットして来ました。天気も良く暖かい一日で、久しぶりに体を動かし気持ち良かったですよ。お昼のお弁当が崎陽軒シュウマイ弁当でヨコハマしてました(笑)。

「ろくまる 五元豚」で豚を食す。

ろくまる 五元豚2昨夜、ラゾーナ川崎の「ろくまる 五元豚」で“返し豚しゃぶ”というものを食べました。この店の返し豚しゃぶは、榛名山の麓で育てられた銘柄豚5種の掛け合わせによる五元豚を、ブレンドした醤油にかつお節・鯖節を漬け込み寝かせた返しをタレにして味わいます。
僕は今まで豚しゃぶはそれほど美味しいと思ったことはなかったのですが、この返し豚しゃぶは別格でした(どうりで流行っているわけだ)。僕らは焼酎をずっと飲んでいたのですが、銘柄日ろくまる 五元豚1本酒のカップ酒も名物らしいです(日本酒も好きなんですが、必ず翌日ヤラレルんですよね)。

女性には“コラーゲン豚しゃぶ”というものが人気みたいで、上質なコラーゲンたっぷりの極上白湯スープでしゃぶしゃぶにするものらしいです。僕らの隣に座っていた女性グループもコラーゲン豚しゃぶをワイワイ食べていました。

コラーゲンと言えばそうそう、僕もコラーゲンチューハイなるものを飲んでみましたよ(まずくはないけど、??っていう感じ)。

ライト感覚のRCヘリ、ハニービー。

ブログネタ
楽しく過ごす、暮らす。 に参加中!
ハニービー東京おもちゃショーで「これっていいなあ」って思ったのがコレ。RCヘリコプター ハニービー 。インドア対応の赤外線ヘリコプターです。手のひらサイズがメチャクチャかわい〜です(全長15cm 重さ約10gの世界最小級のサイズ)。実際に飛んでいるところを見ると、竹とんぼみたいで、意外にラブリーです(笑)。操作も簡単。左右旋廻操作はもちろん、デジタルプロポーション方式で上昇・下降の微調整が可能です。

このハニービー、小学生くらいまでの男の子がいるご家庭なら、まず欲しがる商品ですね。でも、お父さんの方が夢中になったりしてね(←超ありがち)。

※「東京おもちゃショー」の記事はこちら
http://blog.livedoor.jp/kidsedison/archives/50722692.html
ご挨拶
2015年10月、10周年を機会にブログタイトルを「ヨコハマ スローライフ」に変えました(原点回帰ですね)。たまに思いついたように日記を書いています。
バックナンバー
最新コメント
リンク