ヨコハマ スローライフ

ゆったり、まったり、横浜スローライフ。ありふれた毎日を心地よくする音楽、雑貨、グルメなど…

March 2007

芸術? 科学?

ブログネタ
楽しく過ごす、暮らす。 に参加中!
HEXAFLEXいやあ、このおもちゃ、実にシンプルですねえ。コレは何かと言うと、次々と形を変えるワイヤーフレームのHEXAFLEX 。うん、まさに動く芸術品とも言えるものですね(と自分で妙に感心。単細胞なヤツ)。

これは、ワイヤーとパイプのシンプルな構造体が連続的に多様なフォルムに変化します。ミステリアスなパターン変化は普遍的な魅力があり、きっと時間を忘れさせてくれますよ。アートとして、そして疲れた頭をほぐす癒しのアイテムとして使ってみてはどうでしょうか(インテリアとしても超オススメ。賢く見えます。笑)。

そうそう実はコレ、グッド・トイ2006に選ばれた大変優れた玩具なんですよ。

鱒釣りの休日

ブログネタ
子育て日記 に参加中!

鱒釣りの休日1鱒釣りの休日2鱒釣りの休日3




平日に休みを取って息子と釣りに行った。場所はお馴染みのフィッシュオン王禅寺。本当は一人でゆったりフライフィッシングをやりたいところだったが、息子が春休みという事で、妻から「暇にしているから一緒に連れて行って」と半ば脅される(やれやれ)。でも、小2の息子がフライを出来る訳がなく、ルアーで攻めさせる。さすが海釣りで鍛えた(笑)腕だ。結構キャスティングは上手い。シュルシュルっと飛んでいく。が、スプーン(ルアーの一種)を水中で泳がす事が難しく(コレ、想像力がいるんですよ)、中々釣れない。釣れないと当然飽きる。「お前なあ、魚は生きているんだから、DSみたいの簡単にはいかないんだよ」と親らしい事を言って、釣りを続けさせる(ったく根気のない奴だなあ。誰に似たんだよ)。僕はフライで大きなサイズの鱒を釣り上げ、父親としての権威を保つ(ホッ、よかった。)。温玉ぶっかけ

お腹が減ったという事で、帰りは息子のリクエストで「はなまるうどん」に寄り、息子の大好物の温玉ぶっかけを食べる。「お父さん、超美味しいね、温玉ぶっかけ」「うんうん、コレ美味いじゃんかよぉ」と、釣りの話題よりもうどんで盛り上がる(何か安易な親子だなあ。でも、まあいいか)。

2007年の春、ポカポカの一日のたわいのない出来事でした。

ニュートンの贈り物

ブログネタ
暮らしの中の雑貨達 に参加中!
台付三角プリズム100小学校の理科の時間、虫眼鏡で黒い紙を太陽光で焼くのと同じくらい、興味を持ったのがプリズムの実験ですよね(こういう人結構多いでしょ)。
17世紀の英国で、ニュートンがプリズムを使って始めて行った「太陽光の分散実験」は、米国の大学教授ロバート・P・クリースが国際的な雑誌『Physics World』の読者に呼びかけた世界でもっとも美しい10の科学実験のベストテンの中に選ばれているくらい、歴史的な実験だったのです(ふ〜ん、と素直に驚く)。

この春休み、物理学上もっとも基本的な、そしてもっとも美しい実験を、この台付三角プリズム100 を使って、子供たちと一緒に再現してみませんか。

Year of the Cat :アル・スチュワート

ブログネタ
今日のCD・レコード に参加中!

Year of the Cat今日の横浜は大雨。こういうどんよりとした日は外出しないで家でまったりCDでも聴くのが良いですね。特に今日みたいな日は、ブリティッシュ系のウェットなテイストが似合います(ステレオタイプな奴)。

そんな訳で今聴いているのがコレ、Year of the Cat。ご存知でしょうかアル・スチュワート、残念ながら日本ではあまり知られていない男性ボーカリストですけど、イギリスやアメリカでは結構メジャーなんです。この「Year of the Cat」というアルバムは、それまでのブリティッシュ・フォーク路線から一転した異色のAOR作品。全米ではプラチナディスクを獲得するほど大ヒットを記録しています。

この人、何と言ってもアコースティックギターの音色が美しいです。曲調は格調高く(大英帝国らしいね)、サウンドはフォーキー。そしてちょっぴりのスパニッシュの香りが魅力です。タイトル曲のYear of the Catはたぶん一度聴いたら忘れられないほど、心安らかな気分になるはず。ウェットなアコースティック系が好きな方はぜひどうぞ。

この手がお好きな方はお勧めですよ。アル・スチュワートについては以下サイトが詳しいです
http://alstewartsroom.2.pro.tok2.com/

ちょっと欲しくなる、RODYのクリーナー。

ブログネタ
家具・インテリア に参加中!
RODYモニクリン前回はラボックスという大人も楽しめる顕微鏡セットを紹介しましたが、今回は一転してキュートなクリーナーのご紹介です(この脈絡のなさがこのブログの良さかなあ、なんて)。

このRODYモニクリン は、ご存知のRODYがクリーナーになったものです。パソコンやテレビなどの画面拭きに気軽に使えます。どうです?ちょっと欲しくなりませんか。お腹の部分がクリーナーになっているんですよ。

ミクロの世界

ブログネタ
日々の暮らし に参加中!

子どもの頃に初めて顕微鏡で見るミクロの世界、誰もが衝撃的な想い出として、一生忘れることのない記憶となることでしょうね(たぶん)。

ラボックスこのどこでも自然研究所「ラボックス」 は、そんな将来のサイエンティストを育てるためのもの。ペンタイプから本格的な顕微鏡までを専用ケースで何処にでも持ち運ぶことができ、気分は早くも研究者。ミクロの世界で発見できる様々な景色は、時間を忘れるほどの愉しさに包まれることでしょう(たぶん)。

日々の忙しさにあの頃の思いを忘れてしまった大人にも、あの頃のドキドキ感が甦って来ます。このラボックスはお薦めですよ。

ハムカツ

ブログネタ
美味しいもの に参加中!
業務スーパー「プロの品質とプロの価格」がキャッチコピーの業務スーパー。妻と娘を誘って、今日はココに買い物に行きました。娘とは先週に引き続き連続です(生活臭い親子だ)。冷凍ものが多いのと、サイズが大きいのが目立ちますが、とにかく値段が安く、他ではちょっと手に入りにくいものがあって、意外と面白いです。

ハムカツウチが買って来たのはハムカツ。この言葉にピンときた皆さん、実に昭和でございますねえ(笑)。コンビ二でリバイバルしたハムカツサンドも実に美味ですが、ココはレトロにウスターソースをダバッとかけて、キャベツとの組み合わせで白いご飯を食べるのが、ジャパニーズトラディショナルっていうもんです(子供も喜びます)。カツの世界の序列としては、王者エビフライはもちろん、牡蠣フライ・トンカツ・チキンカツなどよりも遥かに下で、「最下層」と言ってもいいコイツ、ホントは味な性格の奴なんですね。

業務スーパーにはまだまだ掘り出し物がありそうですよ(来週も行こっと)。

あの頃、そしてチェッカーズ。

ブログネタ
私の好きなアーティスト に参加中!

チェカーズ週末の金曜日、如何お過ごしでしょうか。
いやあ、参りましたね。こういうのを聴くと、心底タイムトリップしますね。今日ご紹介するのは、あのチェッカーズのCOMPLETE THE CHECKERS ~ALL SINGLES COLLECTIONです。僕らの世代にとって、うん、ご紹介するのは禁じ手?ですよね(笑)。
このCD最高に凄いっすよ(賛同の声多数と期待)。「涙のリクエスト」「哀しくてジェラシー」「星屑のステージ」「ジュリアに傷心」「あの娘とスキャンダル」「神様ヘルプ!」「OH!! POPSTAR」などの、あの頃のカラオケ定番曲(涙っすっ!)が全て入っています。そして、ファンにブッチギリ人気の「Song for U.S.A.」まで収録されています。

いいですよ、チェッカーズ。ほろ苦い思い出と共に、あの頃が蘇ってきます。

僕はあの頃、茅ヶ崎のスウィング・スポットという南口のパブで(超マイナーだな。でも、あのマスターいい味出してたよな)、よくチェッカーズを歌っておりました、あ、そうだ。僕はシーズン・イン・ザ・サン(チューブ)なんかも定番で、良く歌ってましたね(だから何だっていう話題ですなぁ)。 では、また。

クワっこいい!超クールな壁掛時計

ブログネタ
***雑貨*おやつ*暮らし*** に参加中!
僕は4月始まりの手帳を使っていて、年の始まりよりも年度の変わり目の方が区切りとして馴染んでいます(社会人としては少数派?)。 そして、区切り目として毎年春になると欲しくなるモノが、時計です。

ナヴァ タイム スクエア キューブ ヌメリ ソフトこのナヴァ タイム スクエア キューブ ヌメリ ソフト は、1〜9の数字がランダムにプリントされた視覚性の高いユニークな壁掛時計。どうです?超クールでしょ?表面はフラットな作りで、時間合わせは直接長針を回します。

1922年に設立されたNAVA(ナヴァ)社は、元々オリベッティやデュポン、モンテディソンといったブランドの広告やインダストリアルデザイン部門のコンサルタントを行う業界大手の会社だったそうですよ。著名デザイナーによって創られる製品は、イタリアモダンデザインの歴史的代表作といわれるアイテムばかりです。

M&Coのアヴァンギャルドなペーパーウェイト

ブログネタ
インテリア に参加中!
Paperweights1Paperweights2Paperweights3





1984年、見た目がしわくちゃの、とてもユニークな形をしたPaperweights をM&Coが創り上げました。M&Co(エムアンドコー)は、グラフィックデザイナーのティボール・カルマン(Tibor Kalman)が1979年N.Y.に設立した伝説のデザイン事務所。そのデザインワークはグラフィックに止まらず、時計や傘などのプロダクトも手掛け、あのMoMA(ニューヨーク近代美術館)のミュージアムショップでも、人気の商品となっています。

このPaperweightsは見た目はアヴァンギャルドですが、インテリアとして置いておくだけで、何故か楽しい気分にさせてくれるから不思議です。

週末、息子とスパに行く。

ブログネタ
どうでもいい話 に参加中!
おふろの王様昨日は定時で仕事から帰って来て、夜、小2の息子と「スーパー銭湯 おふろの王様(港南台店)」に行ってきました。ココは大人600円(平日)と良心的な価格ながら、17種類のお風呂が楽しめます。ウチの息子はけっこうなスパ好きで、暇だとココに行きたがり、必ずジェットバスで声を出してリラックスする爺くさい小学生であります(誰に似たんだ?)。

去年の夏あたりから、休日にたまに行っているのですが、夜は初めてです。夜は露天岩風呂がやっぱり雰囲気ありますなあ。いつもだとお風呂を全部、息子と制覇するのですが(貧困なる思考の親子)、今回は息子と二人で露天岩風呂にゆったりつかりました。僕らのお気に入りは壺湯というヤツです。ココ、平日は一回外に出ても何回でも入館できるサービスをやっているので、途中にお食事処に夕食を食べに行き(けっこうリーズナブル価格ですよ)、その後もう一度お風呂に入りました。帰り際にはまたお食事処に行き、かき氷を食べ、週末の夜を男二人で満喫しました。何か、こういうの良いですね(そろそろ酔っ払い週末卒業しようかなあ)。

これは可愛い!アニマルなゲートボール

ブログネタ
楽しく過ごす、暮らす。 に参加中!
アニマル クリケットセット 3アニマル クリケットセット 1このANIMAL CROQUET SET は、ボールをスティックで打って、動物のゲートをくぐらせて遊ぶ木のおもちゃです。

どうです?デザインがもの凄く可愛いと思いませんか?ここって買う時に魅力ですよね。家で遊ぶタイプのおもちゃなので、雨の日も楽しくゲームして遊べます。ここって買ってからの嬉しいポイントですよね。

アニマル クリケットセット 2ゲートを狙う時の集中力が勝負の鍵なので、子供たちの集中力アップにも効果があります(たぶん)。スティックが2本とボールが4つも付いているので、もちろんチームで対戦もできます。
しかしコレ、何と言ってもゲートボール好きのおじいちゃんやおばあちゃんと、3世代で遊べるのも良いところですよね。

とてもリッチなビッグダイヤモンド??

ブログネタ
家具・インテリア に参加中!

ビッグダイヤモンド1どうです?この神秘の輝き!「すごい、すごい」の驚きの声が多数でしょうね(なんて事はないかぁ、笑)。このビッグダイヤモンド は、1カラット=200mg(ミリグラム) ですから、何と9900カラットの輝きです。

でも、これはダイヤモンドカットのただのガラス製品(笑)。噂では、インテリアとして結構人気があるそうですよ。 大切な人への誕生ビッグダイヤモンド2日プレゼントにも・・・えっ?怒られそう??
そうだ。ダイヤモンドと言えば、屈折率ですよね。だから、この大きなガラスのダイヤカットの屈折率で、子供たちといろいろ輝きを科学したりしてみると、結構面白いかしれませんね。

カエルのテープディスペンサー

ブログネタ
***雑貨*おやつ*暮らし*** に参加中!

テープディスペンサー1ちょっとクセがありますが、こんなのどうです?カエルのテープ ディスペンサー 。ニョロッと舌をだしているところがリアルですよね。

誰でも思いつくイージーな発想と、キモ可愛い雰囲気が何とも魅力的です。セロハンテープを引っ張って、舌の先テープディスペンサー2っちょのテープカッターで切る。たったそれだけですが、使うたびに楽しめそうですね。クリアーなパッケージにロゴがはいった、可愛いデザインボックスなので、プレゼントにもピッタリかも。もちろん、カラフルなデザインと艶やかな仕上がりは、インテリアとしても使えます(たぶん)。

ル・パン バーラヴァンで、郊外フレンチする。

ブログネタ
フランス料理 に参加中!

横浜 上等なランチという本で13位になっていた、上大岡のル・パン バーラヴァンで妻とランチをしました。オーダーしたのは「リヨン」という2100円のコース。入り口でもこのコースの宣伝をしていたので、このコースがランチの一押しメニューなんでしょうね。

ル・パン1ル・パン2ル・パン3




オードブル・スープ・メイン・デザート・コーヒー・パンでこの値段なら良心的でしょう、そう思います。この店は日比谷シャンテ前にある本店の姉妹店で、横浜の郊外で本格的なフレンチが味わえます。「ゆっくりしていると、マダム達で一杯になっちうわよ」と言われたけど、いざ行ってみるとホントそうでした。いやあ、驚きです。奥様方は、皆さん優雅です。出てきた料理は意表を突くものは一切なく、極めてオーソドックス。前菜からデザートまで満足して頂きました。ただサプライズがない分、「また来たいなあ」とはあまり思いません。まあ、そこが正統派たるところではありましょうが、コストパフォーマンスが良いですので気軽にフレンチしたい時には良いかもしれません。どうです?平日昼のフレンチ。

ご挨拶
2015年10月、10周年を機会にブログタイトルを「ヨコハマ スローライフ」に変えました(原点回帰ですね)。たまに思いついたように日記を書いています。
バックナンバー
最新コメント
リンク