ヨコハマ スローライフ

ゆったり、まったり、横浜スローライフ。ありふれた毎日を心地よくする音楽、雑貨、グルメなど…

June 2008

あ〜らよ、出前一丁♪

ブログネタ
日々の生活 に参加中!
な〜んとなくお世話になっているインスタントラーメンと言えばカップ麺。エコでリニューアルしたカップヌードルを筆頭に新商品の投下が毎年目立っていますよね。それに比べるとやや日陰の存在なのが袋入り麺。僕の子どもの頃は、日曜日のお昼は「即製麺」というのが定番で、家族揃って野菜を入れた即席麺を食べたものでした。うん、まさに昭和っていう感じですよね。

この袋入りのインスタントラーメンで今もダントツの売上を誇るのがサンヨー食品のサッポロ一番です。我が家もサッポロ一番にはお世話になっていて娘は醤油、妻は塩のファンであります。2位はあの有名な日清のチキンラーメン。我が家では息子が大ファンで、真ん中に卵を落として恍惚の表情で毎回食しています。3位が明星のチャルメラです。チャルメラはおじいちゃんおばあちゃん世代からのレトロな視線を受け、根強い支持を得ています。

出前一丁で、僕は何のファンかと言うと日清の「出前一丁 」であります。“あ〜らよ、出前一丁♪”のCMが脳裏に焼き付く世代としては、焙煎された胡麻ならではの香ばしい味と香りの「ごまラー油」がDNAに刻み込まれています。発売は昭和43年。数々の競合新商品の荒波に揉まれながら、華麗にサーフィンして生き残って来たベストセラーブランドです。今は日本よりも香港・台湾・上海などで超人気で、特に香港では即席めん市場の約5割のシェアを占めているそうです。出前坊やは、僕が知らない間に海外出張して、矢沢のようにビックになった訳です。

ちなみに、この他でベスト10にはいっているのはハウス食品のうまかっちゃん と日清のラーメン屋さん。この2つは我が家のようなミドル層の食卓にはめったに登場せず、もっと若いファミリーの支持を受けているものと推定されます。

物価上昇の折、今年は袋入りインスタントラーメンブームが起こるかもしれませんね(んな事はないか(^∀^)。

ピースサイズのデジカメ

ブログネタ
大好き!雑貨 に参加中!
VISTA QUEST人気のトイカメラもデジカメの時代なんですね。この VISTA QUEST は鞄に付けたりして、どこでも持ち運びできる超ミニサイズ。どうです?ちょっとカッコいいでしょ。でも小さくてもムービーを撮影できたり、SDカードを使えたりと標準的な機能は備わっているんですよ(高性能じゃないですけど)。

街に出る。気になったものはファインダーを覗く。どんどん撮影する。家のパソコンでどVISTA QUEST2んな風に写っているかドキドキしながら見る。こんなアナログな使い方が気分かもしれませんね。

逆光やブレで思い通りに映ってなかった悔しさ、自然光の予想外の美しい照明効果。偶然が作る素敵な作品を楽しめるカメラです。

TVにつなぐだけでミクロの世界が楽しめる!

ブログネタ
パパの子育て日記 に参加中!
EYE CLOPSアメリカで大人気のサイエンストイEYE CLOPSがいよいよ日本上陸。キッズたちの科学ココロをくすぐる素晴らしい商品です。

これ、簡単に言ってしまえばデジタル顕微鏡です。デジタル顕微鏡の類いは今までも発売されていましたが、テレビに繋いで見るだけという超お手軽なものは、なかったかもしれませんね。付属の観察ケースと簡易スタンドを使うことで、液体や生き物などもバッチリ観察できます。

EYE CLOPS画像この間のおもちゃショーでも出展されていました。コマーシャルもけっこう面白いですよ。おやじの毛根・・・・・。

それにしても、何で顕微鏡って覗くとあんなにワクワクするのかなあ。

東京おもちゃショー2008

東京おもちゃショー5東京おもちゃショー6 小雨の中、昨日から開催されている東京おもちゃショーに行ってきました。会場が広く歩き疲れる事がわかっていたので、今年はマックで腹ごしらえしてから行きました。フィレオフィッシュ、今100円です。久しぶりに食べると懐かし味で青春が蘇ります(昔マックでバイトしていてフィレオフィッシュを作ってた)。
で、おもちゃショーです。今年はラジコンとペットものがやけに目立っておりました。おもちゃショーのレポートはいろんな所でやっているので、僕はマイナー系のものを紹介しておきます。

東京おもちゃショー2USBカメレオン
パソコン周りで飼える新しいペット。 USBポートにつなぐだけでランダムにカメレオンの目が回り舌を出す。それだけです(笑)。手足がベンダブルになっているので好きな場所に設置できます。 TVではハンピング ドッグが紹介されていましたが、僕はカメレオン派です。

東京おもちゃショー3マイクロメカモ
学研メカモの約1/5のサイズが登場しました。これなら飽きずに、めげずに組み立てられそうです(笑)。でも小さくてもメカモはメカモ。リンク機構を縦横無尽に使って動物の動きを再現し、物を動かす事を学べます。

お昼は有明パークビルの中にあるトラットリア アルポルトで食べました。イタメシ好きの妻の強〜い希望により、今回もランチが決定されました。パスタランチは1260円でサラダ・パスタ・ドリンクのセットです。細麺でトマトソースの味がとても美味しく、麺の湯で加減も丁度良いですね。片岡シェフ、さすがです。ただ、接客が無愛想なのが気になるところで、ちょっと残念です。

ウクレレをつくる

ブログネタ
子育て に参加中!
ウクレレキット夏が近づくとアロハっていう事で、アロハと言えばハワイで、ハワイと言えばウクレレです(意味不明)。いま、あのゆるーい雰囲気がちょっとしたブームなんですよ。

このウクレレキットはそんなウクレレを手作りできるセットなんです。楽器の組立キットは楽器が好きな人でもなかなか体験するチャンスがないですよね。でもこのウクレレキットがあればバッチリ(何がバッチリだか意味不明)。ご家庭で気軽にウクレレ作りを楽しむことができます。
これ楽器組立キットの中でも1番の売れ筋です。休日にキッズとウクレレ作りなんて楽しそうですね(作った後がウルサそうだけど´∀`)。

トンボ

ブログネタ
日々の生活 に参加中!

最近、日曜日の午前中は息子と公園でキャッチボールというのが定番になっている。今日も愛車のHONDAに乗ってちょっと離れた公園に出かけた。「さあやるか、じゃあプレイボール!」なんて気合いを入れて始めたが、息子は昨日馬鹿みたい遊び惚けたせいで腕が筋肉痛らしい。う〜ん、やけにノリが悪い。そんなわけで予定変更。虫捕りをするため、グランドから大池の方に向かった。池の周辺はザリガニ取りやトンボを追いかけているキッズ達がやけに多く、ここは幼稚園の園庭かと思うほどだ。

公園のトンボトンボと言えば、ウチの娘は指をクルクル回して獲るのが本当に上手で、当時僕は「人間っていうのは誰でも一つくらい神様が与えてくれた才能があるんだなあ」と深く感心したものだ。そんな娘も今は中学生。昆虫には全く興味はなくケータイをいじって生活している。

息子はトンボを追いかけ、調子良く捕まえる。久しぶりの虫捕りにゴキゲンだ。帰りに売店に寄って自販機でアイスを買い、汗を拭きながら食べた。晴れた休日は、お日様の下がやっぱりいいな。

雨のインテリアライフスタイル展

ブログネタ
ただの日記。 に参加中!
インテリアライフスタイル今年もインテリアライフスタイル展に行ってきました。日本・ヨーロッパ・アジアの各国の最新アイテムやトレンドをキャッチできるインテリア関連の総合見本市です。今年のハイライトはNORDIC LIFESTYLE、北欧デザインですね。一番目立つアトリウムに北欧カフェなどを併設して「どうだ!」と言わんばかりのコーナーを構えていました。

ラ・マレルエディションJANOD主催がメサゴ・メッセフランクフルトという外資なので、他の展示会よりもお洒落た感じです。国産勢はお馴染みのメーカーが多かったですが、外国勢で気になったものを幾つかご紹介します。残念ながらブース内の写真撮影は不可でした。

JANOD
フランスの知育玩具ブランド。VILACのようなカラフルな木製玩具が1000種類以上。素直で癖はありません1970年創業でフランスではメジャーらしいです。木のお絵かきボードなんか欲しいなあ。
ラ・マレルエディション
2004年フランス人のパスカル・ニヴェとファブリス・ベルヌチエールにより設立。2007年日本上陸。色鮮やかなデッサンが描かれた食器、トートバッグ、カードとノートなどがメイン。キモかわいい系。
ani ani
香港の雑貨メーカー。ani Dish・ ani Bin 、ハッピーマンのハンガー、ハンド(手)をモチーフにしたボールペンやマグネットが揃っている。ちょっとキュートで脱力な感じがいい。

砂遊びにGO!

ブログネタ
パパの子育て日記 に参加中!
SAND SET DWARFこれからアウトドアが楽しい季節ですね(^∀^)。今日はキッズが喜ぶ外遊びトイをご紹介しましょう。オーストリアの「小人の砂遊びセットSAND SET DWARF 」です。けっこうな人気商品みたいですョ。

小人のパーツをバラバラにすると砂場遊びのアイテムになります。帽子はじょうごに、顔は小さなバケツに、胴体は大きなバケツに早変わり。シャベルや熊手も付いて、大きなバケツや足の裏では砂に型押しもできます。水を汲んで川を作ったり、おままごとで砂のケーキを作ったり・・・・と、公園や海で、あまりの可愛さにみんなに注目されそうです*・゜゚・*:.。..。.:*・゜。

お誕生日の贈り物や、お祝いのギフトとしてもオススメ。小さなお子さんは後片付けの訓練にもなりますよ( ´_ゝ`)。

GowiロゴGowi(ゴーウィ)社は、1860年創業のオーストリアのメーカー。1970年にできた5,000屬凌傾場で、30年以上の物作りのノウハウをつぎ込んだ最新の技術によって作られたおもちゃたちは、ドイツ、イギリスをはじめ世界各国に輸出されています。

ロッククライミング体験

ブログネタ
日記 に参加中!
コールドストーン久しぶりにグランベリーモールに行った。ウチはけっこうココがお気に入りで、晴れた日はインドアじゃないだけに気持ちがいい。まずはコールド・ストーン・クリーマリーでアイスクリームを食べる。日本上陸した頃は大賑わいだったココも最近は随分落ち着いている。ナッツやフルーツをミックスインしたアイスクリームは相変わらず美味しかったが、ワッフルではなくカップだと何故かちょっと物足りない。お姉さんたちが前よりも頻繁に歌うようになっていて、娘は「食べ物の前で歌われると唾が入りそうで嫌だ」とな〜るほどの意見を述べていた。コールドストーンは今や中国にもある。妻は「中国語で歌ってたら面白いね」なんてバカな事を言っていた(んな訳ないじゃん。日本だって英語で歌っている)。

ロッククライミング息子はモンベルの中にあるロッククライミングに興味津々。しばらく見物をしていたら小学生でも出来ることがわかり(1回500円)、やってみたいと言い出した。係のお兄さんから「これはアトラクションじゃなくスポーツだよ。危険が伴いますよ。それでもやる?」と散々脅かされても怯む事なく、彼はYESと首を縦に振った。まずはさっきとは別のお兄さんから基本説明を受け昇り始める。コイツは昔から木登りが得意なこともあってテンポよく登っていく。下モンベルりはジャンプをしながら降りてくるのだが、これまた「すげ〜」っていうくらいお見事。人間には向き不向きがあるけど、我が息子はけっこう向いているかも。本人は面白くてもう中級にトライする事に決めたらしい。

それにしてもモンベルというアウトドアショップ、巨大だなあ。

焼き鳥が食べたくなる季節 〜上大岡「一火」

ブログネタ
お洒落・美味しいお店 に参加中!
一火昨晩はデザイン会社の社長と上大岡の一火という焼き鳥屋で飲んでおりました。今回も予約をせず街を彷徨っていた時に偶然見つけた店です。店員さんによると上大岡の焼き鳥屋の老舗「鳥佳」の2号店で4月末にオープンしたばかりだそうです。薄暗い店内の窓からは大岡川が見え。備長炭度で焼いた焼鳥を食しながら、まったりとした時間を過ごしました。この社長は砂肝やナンコツなどの歯ごたえのあるものが好きらしく、これ系狙い撃ちで10本以上も美味しそうに食べていました(う〜ん硬派じゃ)。僕はと言うとネギ間とか巻物、つくねなどの軟派好みで、焼き鳥一つとっても人の好みっていうのは様々ですねえ。

ここの本店である鳥佳にも以前行った事があるのですが、昭和の香り漂う典型的な焼き鳥屋で、店が窮屈なせいか非常に混んでいました。それに比べると一火は流行のジャパニーズモダンな作りです。どちらも味の方は、素材を活かしたシンプルさが特長です。どれも大ぶりなのが嬉しいですね。 

僕は医者から酒を飲んだら必ず同量の水を飲むように言われていて、随分気をつけてはいるのですが、昨日はちょっと飲みすぎてしまいました。反省。

美味い塩らーめん「麺匠 るい斗」

ブログネタ
美味しいもの に参加中!
麺匠 るい斗2日曜日にクルマで通ると行列ができている事が多い、環状2号沿いの「麺匠 るい斗」で食べました。以前、横浜ウォーカーにも「ラーメンコンサルタントの渡辺樹庵氏がプロデュースしたラーメン屋」と紹介されていたところです。ラーメンの種類は醤油と塩のみ。メニューが少ない店は美味しいという経験則がありますので結構期待しました。僕らは味玉醤油と味玉塩の2つを頼み、「どっちでもいいわよ」という妻の言葉に甘えて、明らかに見た目が美味しそうな塩を、僕は選びました(なんつー奴だ)。

麺匠 るい斗1塩ラーメンは白胡麻が入っていて、塩を強調したパンチのある味。平打麺も良く合っています。妻が食べた醤油らーめんは、魚(サバ節かな)の香りが鼻の奥まで貫通してくるほど強烈だったそうです。味玉は黄身の固さが絶妙で美味。七輪で炙ったチャーシューも香ばしくて非常に美味しかったですね。

全体としては完成度が高く、また食べたいと思わせる一軒でした。ところでラーメンコンサルタントの渡辺樹庵氏って何者?ってググってみたところ、品達にあった麺屋蔵六を手がけた人だったんですね。ラーメンフリークの間では有名で、濃厚豚骨魚介というジャンルが得意だそうです。

(何か最近麺の記事が多いなあ´∀`*)

back scratcher

ブログネタ
お部屋のインテリア 一人暮らしの快適情報 に参加中!
back scratcherこのスタイリッシュな調理器具みたいなやつ、何だと思いますか?

背中がむずがゆくなったりする時ってありますよね。それがちょうど手を後ろに回しても届かない場所だったりしたらもう大変(笑)。これはそんな時に役立つ優れものなんです。

back scratcher、訳すと背中掻き器。

オランダのインテリアメーカーpresent time社の商品です。スルスル〜ッと伸びて、あなたの手の変わりにかゆい場所へ届いてくれます。これさえあれば、もう大丈夫。ちょっとした背中のかゆみも気持ちよく解消してくれます。コンパクトサイズなので持ち歩きにもとっても便利。それにしても背中を掻く道具とは思えない斬新なデザインですよね。

インドネシアの汁ビーフン

ブログネタ
てごろな値段でうまいお店♪ に参加中!
先日、何を思ったか突然ワールドポーターズにランチをしに行った。お目当てはタイ料理店。だが、そこはメキシコ料理店に変わっていて、タコスやカレーのバイキングをやっていた。う〜ん、タコスをコロナビールを飲みながら食べるのもいいなあ(・∀・)と思ったが、タイが駄目なら同じアジアのインドネシアで妥協しようという、妻のいつもながらの強引な説得に負けてスラバヤにした。

スラバヤ汁ビーフン僕らは汁ビーフンのセットを頼んだのだが、サンバルソースを混ぜて食べるエスニックな麺は妙に美味しく感じた。インドネシア料理に欠かせないのが生の唐辛子・ニンニク・塩・胡椒・トマトなどをすり潰して炒めたサンバルソース。付けだれのようにソースとして使うのが一般的だが、意外なことに麺類にも合う。毎年、夏が近づくとアジアンリゾートが恋しくなるけど、スラバヤは店舗の雰囲気もエスニックな感じて、束の間のリゾート気分を味わえる(かも)。
ご挨拶
2015年10月、10周年を機会にブログタイトルを「ヨコハマ スローライフ」に変えました(原点回帰ですね)。たまに思いついたように日記を書いています。
バックナンバー
最新コメント
リンク