ヨコハマ スローライフ

ゆったり、まったり、横浜スローライフ。ありふれた毎日を心地よくする音楽、雑貨、グルメなど…

July 2009

ウッキー!掛け算するおサルさん。

モンキー マルチプライヤージャングルから現れた手足の長いおサルさん。実はですね(^∀^)、このモンキー マルチプライヤー っていうおサルさん、かけ算ができるんですよ。天才現る!っていう感じですね。

おサルさんの足もとに並んだ1〜12の数字の中から両足の指をスライドさせて掛け算したい数字を選択。例えば3×11だと、右脚を3に左脚を11にスライドすると・・・。ニッコリ笑顔のおサルさんが上部の数字群の中から両手で答えの数字を教えてくれるんです♪

動きがとってもおもしろかわいく、スライドもスムーズにできるので、キッズも楽しくかけ算の勉強をしてくれそうですね(´▽`)。

とってもユニークなおもちゃなので、雑貨好きの方や、楽しいもの好きの方へのプレゼントにもオススメ(´∀`*)。

福満園でランチして、はらドーナッツ。

IMG_3063横浜中華街の福満園。福満園本店は、関内から横浜スタジアムを抜け、横浜中華街の入り口、善隣門の手前に位置する。ココは福建料理と四川麻婆豆腐が有名だ。福建料理とは上海近くの中国東部福建省を中心に発達してきた料理。台湾に隣接しており沖縄とも近いため、この味が海を渡って伝えられ、沖縄料理に多くの影響を与えたと言われている。味付けは、タケノコを醗酵させたものや小魚エキスなどの独特の調味料が特徴。あっさりとした素材の味わいの中に、それらの強い風味が加えられている。

IMG_3062と立派な薀蓄だが、僕らが食べたのはただのランチ(´∀`)。チャーハンとかエビチリなどの定番が中心だ。店員は中華街スタイルの接客で無愛想。娘なんか「あの人なぜ怒っているの?」と不思議に思ったくらいだ。妻と息子が頼んだきゃべつチャーハン+半ラーメン。チャーハンが半じゃないのでけっこうな量。パラパラではなかったけど意外と美味しい(薄味)。僕はイカと貝柱を野菜で炒めたもの(塩味)を食べたが、これは中々美味しかった。最近、動物性蛋白質を控えている僕としては、非常にありがたい。

横浜中華街。みなとみらい線が出来てから観光客がさらに増え、味が落ちたと言われるが、地道にやっている店も少なくない。

IMG_3074中華街の後は、娘がはらドーナッツを食べてみたいと言うから、元町の入り口近くまで炎天下をテクテク歩く。この老舗豆腐屋の豆乳とおからを使ったドーナッツ、最近急拡大中。クリスピーやドーナツプラント等のフロムUSAよりも、かなりオーガニック。体に優しいっていうところがプチLOHASな人々に受けているのかも。小麦粉・卵・IMG_3089ベーキングパイダー・野菜に砂糖、ぜんぶこだわっていて安心。なーるほど受けるわけだ。

もっちりしていて美味しいけど、ここのド-ナッツ、家で作ったものと味的にはそう大差がないような、あるようなで微妙(・∀・)。オーガニック好きだとIQ高そうに見えるし、これからこういうのって増えて来るんだろうなあ。時代だねえ。

ユーモラス!かたつむり工作セット

毎年夏休みになると売れるもの、その一つがタミヤの工作セット。どうです?懐かしいでしょ。

かたつむり工作セットで、今年はコレをお勧め。ジャーん!かたつむり工作セット です。クルマやロボットじゃなく、かたつむりですよ(´∀`)。コイツは白い紙に油性サインペンなどで描かれた黒い線をたどってゆっくり進みます。紙の大きさや線の太さにあわせてセンサー感度の調整が可能。細い線や狭い場所では低速、太い線や広いところでは高速にするのがいいかも。

ぐ〜んと伸びた目はタイヤと連動して本物そっくりに前後に動きます。ボディやシャーシなどはスモークパーツ。メカニカルなムードいっぱいです。う〜ん、ニクイ演出(^∀^)。

2個のモーターをコントロールしてゆっくり進む姿、ユーモラスですよ。

※内部のユニット基板やセンサーなどは配線ずみ。ビス止めとはめ込み、少しの配線で手軽に組み立てられます。

自宅にいながらcafe気分

3202011301wアット・ジャズ・カフェ・アネックス








軟弱もの!と言われても、こういうコンビネーションって聴いていてE気持ち(まあ、なんて懐かしい表現なんでしょ。え?!知らない)ですよね。このアット・ジャズ・カフェアット・ジャズ・カフェ・アネックスは、お洒落な女性を中心に人気を博した《アット・ジャズ・カフェ》シリーズの初期のもの。高田理香デザインのイラストも、まるで雑貨屋気分ですね(´∀`)。

とは言っても収録されているのは大御所コルトレーンからスタン・ゲッツ、ビル・エヴァンス、そしてケニー・バレルやアート・ファーマー、ブロッサム・ディアリーといった通好みまで多彩。またアントニオ・カルロス・ジョビン、アストラッド・ジルベルトなどのボサノバ系も充実していて、夏の休日のBGMとして最高です(´▽`)。

癒しをキーワードに編集されていますから肩肘はらず聴けますよ(^∀^)。オススメです。

ブログタイトル変えました

突然ですが、今日からブログのタイトルを変えました。4年近く「横浜ズッコケ家族の雑貨生活」というタイトルでやってきましたが、子どもたちも随分成長し、あまりズッコケる話題がなくなってきました。最初の頃は日記やグルメ記事に雑貨やトイなどが混じったごった煮状態で、このブログは何?っていう感じでした。またタイトルがズッコケですのでお笑い系と間違われる事もままありました(まあ、確かにくだらない記事も多かったのですが・・・)。

という訳で新タイトルは「横浜雑貨スタイル」。家族からの評判はあまり芳しくありません。妻は「な〜んか、ぜんぜんふつー」、娘は「よくある雑誌の名前みたい。オリジナリティがないね」、息子は「じみじゃん」のひとこと。でもまあ、雑貨やトイ系を中心に面白く、キュートなものを力を抜いて紹介していきます。それが、ヨコハマっぽい気分のライフスタイルですからね。

今後ともよろしくお願いします。ではまた。

東京おもちゃショー2009

ブログネタ
大人も楽しめるおもちゃ大集合! に参加中!
今年も行ってきましたよ。東京おもちゃショー。
僕が行ったのはバイヤーズデーだったので人出は少なく(その代わりにイベントも少ない)、しかも今年はバイヤーである妻が来なかったため(歯医者に行くらしい)、穏やかに見る事ができました。で、おもちゃショーですが、今年はクッキングトイ・ラジコン・おバカ系の3つが目立っておりました。そんな中で気に入ったものをご紹介しておきますね。

焼肉王
IMG_2950その名のとおりたくさんのお肉を取った人が勝ちとなるアクションゲーム。まず具材パーツの焼けていない面を上向きに本体にセット。スタートと同時にトングで具材を取り合うのですが、実は焼けていないとポロリとすべって取りにくい。焼けると網の上でクルッとひっくり返って取りやすくなるので、そこをすばやくゲットするのがポイント。くだらないけど、本能的に惹かれます。

くるりんパオ!
IMG_2944クッキングトイの中で最も目を惹いたのはこれ。用意するものは、餃子の材料と「くるりんパオ!」だけ。くるりんパオに皮をのせ、具をのせ、ハンドルをくるりんとすればもう餃子の出来上がりです。あとは、焼くなり蒸すなりお好みで調理。クッキングトイは今までは女の子好みの可愛らしいスイーツ系ばかりでしたが、餃子に目をつけたなんて流石はバンダイです。

うんこさん
IMG_2952関西テレビで話題のショートアニメの新キャラ。ツイている人にしか見えない妖精らしい。パリ「ジャパンエキスポ2009」・ロス「アニメエキスポ2009」でアニメ上映し、ブース出展までしてワールドワイドに評価が高いそうです(ホンマカイナ)。うんこさん開運ステッカーが店頭に並ぶ日も、そう遠くないでしょう。

エアロスパイダー
IMG_2955新感覚の赤外線コントロールカー。その名の通り、クモのように壁に張り付いて走行できるというこのマシン、ラジコンは今や花盛りですが、普通のR/Cカーに飽きた方はコレは要注目ですね。ただ、僕にはコレ、クモじゃなくゴキブリに見えてしまいます。

あとはミニ4駆ですかね。本当にリバイバルしているようですよ。何でもその中心世代は20代という話。子供のころにあまり買えなかったパーツを揃えチューンナップして楽しんでいるみたいです(営業マン談)。先日のブログでも紹介した阪神タイガーススペシャル、読売ジャイアンツスペシャルもしっかり拡販されてました。

お昼は大戸屋。大混雑。
いろいろ言ってもジャパニーズ、やっぱりご飯が好きなんですねえ。

タイガースのミニ四駆と柴又

ミニ四駆 阪神タイガース スペシャル懐かしいミニ四駆。最近また人気なんですよ。この間トレッサ横浜のタミヤショップで見かけて気に入ったのがコレ、ミニ四駆 阪神タイガース スペシャル です。ホワイトカラーにブラックのピンストライプをあしらった、まさに阪神タイガースのユニホームをイメージしたカラーリング。球団ロゴや虎のマーク、THマークをはじめ、自由に貼って楽しめるマークも豊富に用意されています。ミニ四駆PROなので高性能な走りが持ち味。レースもバッチリ楽しめます。そうそう予想通り、読売ジャイアンツ スペシャルっていうのもありますが、目立ち度はやっぱりタイガースですねえ(´∀`*)。

柴又帝釈天今日は墓参りの帰りに柴又帝釈天に立ち寄ってお参りをし、えびす家で鰻を食べて、寅さんで有名な高木屋で草だんごを買って帰って来ました(なーんと柴又観光の王道じゃ)。柴又の商店街は葛飾区内で一番古いそう。映画「男はつらいよ」で全国的になったわけですが、今でも映画に出てくるままの街並みです(う〜ん昭和じゃ)。

えびす家鰻を食べたえびす家は川魚料理で有名。天明3年創業の門前草分の料亭だそうだ。建築マニアが喜びそうな大正初期の木造建築は店内も実に渋く、日本最大級の熊手がお店を入った正面にバーンと目立っています。高木屋で買った草だんご、部活から帰ってきた娘が10個以上食べて大満足のようでした(痩せたーい、でも食べたい)。今度はもっとゆっくり過ごしたい柴又ですね。

かるた

ブログネタ
いま、夢中になっていることありますか? に参加中!

今年も東京国際ブックフェアに行ってきた。土日は一般公開日という事もあり凄い人出だ。ブックフェアは国内外の出版社が新刊本、注目本や希少本、豪華本などを一同に展示。その場で購入ができる。僕が何故か今回気に入ったの「かるた」。かるたって地味ですが、アタマにいいんですよね。何よりも遊び方がシンプルだし。

で、かるたと言えば創業大正10年の老舗「奥野かるた店」ですよね、やっぱり。ブックフェアにも出展していてカタログをもらってきました。犬ぼう・百人一首といった基本から食のかるたや科学のかるたまで凄い種類がそろっていますが、おススメを3つご紹介。

啄木かるた啄木かるた
これはレトロチックでいい味ですぜ。石川啄木の短歌を絵札で自然と理解できるので、国語の学習教材としてもおすすめだ。。「一握の砂」「悲しき玩具」「小天地」より50首。


イオンカードイオンカード
こんなのもあるんだ、のサイエンスかるた。これはプラスイオンとマイナスイオンの組み合わせで化合物を作るカードゲーム。神経衰弱の要領で化学知識を覚えることができる。

ととあわせ 江戸前
ととあわせ 江戸前
魚偏の漢字合わせと、その魚の絵合わせができるカードゲーム。江戸前寿司とそのネタの魚が大集合!で嬉しいね。小さなお子様からご年配の方まで、魚に楽しく親しめる。

お目覚めは爆弾で

DANGERボムクロック1僕は明日も仕事( ´∀`)。東京ブックフェアなどに行く予定ですが、出かける時に着る服について何も考えないっていう人は、たぶん少数派ですよね。女性の場合は人生トータルで考えると、着ていく服について悩むのに約287日を費やしているという研究結果もあるんです。女性は平日の朝に約16分、週末の朝には約14分の時間をかけて服を選んでいて、「どんな服を着るDANGERボムクロック2かは自分自身をどう思うかに直接影響する」そうですよ('◇'*)エェッ!?。

そんなわけですから、朝のお目覚めはとっても重要。このDANGERボムクロック があれば時間通り起きられます。時間になるとカウントダウン。そのまま止めれないとドカーン!と激しい爆発音が鳴り響きます。スヌーズ機能搭載で二度寝防止もOK。これさえあれば超バッチリな朝になりますね(たぶん)。

さりげなくイチゴ

ブログネタ
インテリア雑貨 に参加中!

img55930125今日はまだ火曜日かあ。

季節はずれではありますが、こんなツルっとしておいしそうなイチゴのキーホルダーStrawberry Key ring はいかがでしょう。甘酸っぱいイチゴのつぶつぶまでもリアルに表現。可愛らしいデザインが魅力的ですよね。家のカギや車のキーなどをしっかりとまとめてくれるので、カギ類の携帯にもとっても便利。どうです?アクセントが効いて、とってもオシャレですよね。 真夏にさりげなくイチゴ。深い意味はありません。

もののぷさて、女子たちにもいま戦国ブームですが、今月上旬に「戦国メイドカフェ&バー もののぷ」なるものが秋葉原にオープンするそうですよ。コンセプトは「新しいスタイルの戦国メイドカフェ&バー」。戦国ブームもついにここまでっていう感じですが、グッズ販売なども行われる見通しのよう。ウェブサイトは以下(まだ殆ど近日公開予定になっていますが)。
http://mononopu.com/?livedoorblog

シモキタ

この間久しぶりにシモキタの雑貨屋散策などしてきた。時間があまりなかったので、アンティークや昭和レトロ系が今回は中心だ。

6木曜館
有名店。昭和初期の雑貨、デッドストック物をメインにレトロキュートなものがたくさん揃っている。アンティークボタンやレースなどの手芸雑貨も豊富。薄暗く古い〜っぽい内装が独特の雰囲気を醸し出している。何故か妙に惹きつけられる商品があって時間を忘れてしまいそう。

a05mae12丁目3番地
ワクワクとドキドキに満ちた空間を味わう事ができる店。古今東西のおもちゃが店内を埋め尽くすように置いてあり、そのやけくそ的な様子はかなりの迫力。いかにも下北沢なイージーな店内には懐かしいレアグッズがたくさんだ。

それにしても暑い。こんな時はヤミ市横丁の中にある店でビールでも飲んで帰ろうと思い、線路の向こう側に移動。

その前にネットで見つけた「甘辛人生劇場 懐かし屋」っていう1960年代専門店に行く。ショップは急な階段を上がった2階にあり、怪獣系・バービー人形等のアニメ/フィギュア系のおもちゃがメインで、ホーロー看板など60年代の文化全般を取り扱っている。とんでもないプレミア価格もある。無愛想な店主の後ろで、沢山の振り子時計が、カチカチカチカチと陰気なリズムを奏でている。

とまあ下北沢である。ココはゆるい空気が流れ、古着を上手に着こなした若者が溢れ、サブカル度が高い。ごちゃっとして、相変わらず妙に居心地がいいなあ。

ズバッと手裏剣

shurikenm1旬はとっくに過ぎましたが、良いですねえ。このShuriken magnet は、つい投げつけてしましそうになるジョークなアイテム。忍者の飛び道具「手裏剣」のマグネットです。

これで、ズバッと手裏剣がささったようにメモを掲示できます。冷蔵庫などの金属にぺたっとはりつけると、ささっているような見た目になって、う〜ん!これは、たまりません。2個入り。
ご挨拶
2015年10月、10周年を機会にブログタイトルを「ヨコハマ スローライフ」に変えました(原点回帰ですね)。たまに思いついたように日記を書いています。
バックナンバー
最新コメント
リンク