ヨコハマ スローライフ

ゆったり、まったり、横浜スローライフ。ありふれた毎日を心地よくする音楽、雑貨、グルメなど…

March 2010

あなどれないオモチャのピストル

105510+dのピースガン 。これって4連射・散弾撃ち・変化打ちと3つのバリエーションがもできてしまう、ちょっとお洒落な輪ゴム鉄砲です。きれいなカラーなので、部屋のインテリアにしても可愛いかもしれませんね(^∀^)。パ105512ッケージにはカラフルな的と輪ゴムが付属していて、得点遊びもできます。

人と人とが傷付け合うことのないような世の中にしたいというメッセージをこめて、トリガーを引くとPEACEの文字が現れるようになっています。

さすがデザイナーものですね。

世界でいちばん“おいしい”仕事

世界でいちばん“おいしい”仕事本屋で最近見つけて、カフェとかで読んでいた本がコレ、世界でいちばん“おいしい”仕事―「セコムの食」突撃バイヤーの美味開拓記。ナースから転職してセコムで普通にOLしていた筆者が、新規事業の食品通信販売「セコムの食」に配属になって、立派なバイヤーに成長していく話。10年で彼女が出会った生産者は1500人以上!汗と涙のバイヤー奮戦記は臨場感があるし、笑えるエピソードもたっぷりだ。

この本、まあ言ってみれば、何も知らない新入女性が体当たり取材で、仕事を切り拓いていくっていうありがちな話。でも、全国各地の魅力的な食材・食品、そして、それらを送り出すくせのある生産者の話は実にリアルで面白い。紹介されている食べ物が美味しそうなのはもちろんだが、職人気質の生産者のおじさんたちの話がいいね。

それにしても、仕事にプライドを持っている人たちは清清しいなあ。

キッズの工具箱セット

img56294046今年はサクラの開花が早いみたいで今から楽しみ。その後はGWと子どもの日と続き、春は忙しいなあ(何に?⌒〜⌒)

さて今のシーズン、小さい男の子がいるファミリーに喜ばれそうなプレゼントとして、このビルダーキットテクノ ツールボックス はどう? 男の子が大好きな「ネジ」と「工具」が、持ち運び出来る工具箱さながらのケースに入っていて、いつでもどこでも大工さんごっこが出来る。1つ1つの工具の使い方を理解してネジに合った工具を選ぶ。そして、それら工具を実際に使って平面や立体を考えながら自由にカタチを組み立てる。う〜ん、けっこう本物志向だ。

お父さんと一緒に遊べば、img56294049「ワッシャー」「ナット」の役割、「ナット」をしっかり止めるためには「スパナ」で固定してドライバーを動かすなどのキホンをいっしょに学べるっていうわけ。それって、お父さんと息子にとって最高に楽しい時間。このおもちゃ、ただの知育玩具じゃないね(^_^)ニコニコ。

キモいクッキングトイ

病院に行った帰り、近くの博多ラーメン屋によった。「そう言えば最近、ラーメンって食べてないなあ」と思って、引き寄せられたわけ。今日は昨日と違って寒かったから、そんな気になったんだろうね(´∀`)。この『どんたく』っていう店、店主は無愛想。で、顔も恐い。店内は今時のお洒落な博多ラーメン屋に比べ物にならないくらいダークで汚い。一瞬「こりゃ失敗したかな」と思ったが、出て来た肝心のラーメンは「豚の頭の部分だけを使ったとんこつスープ」だそうで、臭みがなく美味い(けど、しょっぱいなあ)。麺は博多ラーメンならではの極細麺。実に本場、まともだ。という訳で店内の怪しさに最初は心配したが、意外と良かったなあ。ただ値段は700円と高め。これ痛い(但し14時までなら替え玉無料だ)。

gumix-17とまあ、ラーメンの話はこれくらいにしておいて、今日はクッキングトイのご紹介だ。と言っても去年あたりから流行っている女の子向けのキュートなものじゃなく、男の子が喜びそうなグミックス っていうヤツ。コレ、ご存知ですか?セットに入っているアイテムでレシピ通りに調理すると大小さまざまなリアルな生物グミが作れ、しかも食べgumix-19ることができるっていうもの。写真はヘラクレスオオカブトだけど、他にもザリガニ、ダンゴムシ・幼虫などがつくれます。

口の中いっぱい広がる虫たち。えっ?悪い夢でも見たようですって(⌒〜⌒)。

かえるピョコピョコ、くちパクパク♪ で、朝をお知らせ 。

IMG_4351卒業式も終えて暇を持て余している娘と、いつも暇な息子と一緒にオートテニスに行って来た。1回400円100球。娘はテニス部で前衛だった影響か、前方でボレーをやりまくる。オートテニスを前衛でやる変わり者もいないと思うのだが、習慣というのは恐ろしいものだ。高校ではバンドでドラムをやりたいらしく、テニスを続けるかどうかは微妙みたいだ(どっちにしても体力系女子高生♪)。そんな体力系の娘は朝の目覚めは良く、目覚まし時計を必要としない。しかし、妻と息子はなぜか朝にめっぽう弱く、朝から夢遊病者か現れたような状態だ(´▽`)。

82afasaこのケロクロック目覚まし時計 は、そうした人たちには効果という面では期待できないが、朝から愉快で楽しい気分になれる優れもの。アラーム時刻になると、「カエルの合唱」と「静かな湖畔」の 2曲が、輪唱で交互に流れ出し、そのリズムに合わせて時計の上に乗っかったカエルがピョコピョコ。ゆかいな歌と踊りで時刻を知らせてくれる。

このカエルが可愛いかどうかは微妙だが、癒しの朝が迎えられていいかもね。

木と子どもが対話するパズル

キュービックパズルスイスの玩具メーカー、アトリエ・フィシャー。ココが作り出すパズルはとっても個性豊かで、特に白木の表面に美しくオフセット印刷された素朴な絵柄には、何ともいえない温かみとオンリーワンのスタイルを感じさせます。

この キュービックパズル もアトリエ・フィシャーの良さを感じさせてくれる一つ。サイコロの各面には絵柄の一部が描かれていて、4ピースで1枚の絵柄が完成するよう並べて遊びます。

6通りにできるの愛らしいアニマル。これってインテリアとして飾って置きたくなりますね。

小さなキャラクターたちが演出

14143043例えばですね、必要以上に長くごちゃごちゃしたマウスやイヤフォンなどのコードを輪ゴムなんかでとめたりしていませんか?
僕はステーショナリーが好きで、雑貨屋とかをウロウロしているのですが、今日は、そんな中からあると何気に便利なものをご紹介。
14143042-1
それはMIDORI(ミドリ)の PIN-CLIP(ピンクリップ) です。コレ、便利なだけじゃなく、キュートなキャラつきで机の上がちょっと楽しくなります(⌒-⌒)。他にもラッピングのアクセントとして使ったり、色々な使い方ができるかわいいアイテム。種類もたくさんありますよ(^_^)ニコニコ

気分あわせて替えたり、分類わけでキャラを替えていくのも楽しいかもヾ(=^▽^=)ノ

末期ガンになったIT社長からの手紙

末期ガンになったIT社長からの手紙僕はブックオフによく行くのだが、この間見つけたのが末期ガンになったIT社長からの手紙という一冊。2006年6月発刊のちょっと古い本だ。内容はIT業界で大きな成功を手にした若き起業家が「末期ガン、余命数カ月」の宣告を受け、経過と生きることへの未練を包み隠さず綴るというもの。最後は事業計画書を模して作った「人生の総仕上げ」の公開で締めくくる。いわゆる闘病記なのだが、涙系ではなく前向きな内容で、結構さらりとした読後だ。

僕も昨年大腸癌の手術をしているので、書かれていることのリアリティは身につまされる思いだし、自分のこれまでの人生を肯定しつつ「もう失敗したっていいじゃん」という境地に辿り着いた筆者の肩の力を抜いた考え方にも共感できる。癌再発・余命3ヵ月宣告を受けたのが1月、本の出版が6月、他界したのが10月と、若い命であるがゆえに癌の進行はあまりにも早かった。癌は初期症状が殆どないため、気がついた時には手遅れになる事が多い。この本、文庫にもなっているのでご興味のある方はぜひご一読を。やっぱり癌検診受けようかっていう気になる。

それにしてもブックオフ、じっくり見てまわるとけっこう掘り出し物があるね。

ご挨拶
2015年10月、10周年を機会にブログタイトルを「ヨコハマ スローライフ」に変えました(原点回帰ですね)。たまに思いついたように日記を書いています。
バックナンバー
最新コメント
リンク