ヨコハマ スローライフ

ゆったり、まったり、横浜スローライフ。ありふれた毎日を心地よくする音楽、雑貨、グルメなど…

May 2010

happy ! なシャーペン

img55634766img55634765アメリカ近代美術館のミュージアムショップでの取扱やイギリスで代理店契約をスタートさせるなど、最近は海外からの評価が高まっているShinzi Katoh。多くの雑貨屋では定番ブランドの一つになっていますよね。

これはそんなShinzi Katohのカラフルでかわいいシャープペンシル 。このシャーペン、グリップ付きだから可愛いだけじゃなく書きやすい。コレってふつーですがお勧めポイントですね。

種類は全部で20種類。仕事、趣味、勉強、日記っていう用途やその日の気分によって使い分けることができます。お気に入りのシャーペンを使うと、書くのがいろいろと楽しくなりそうですね(⌒-⌒)。

西口のヤミツキ

g946109ps1[1]昨日久しぶりにアルコールなど飲みに行って来た(^_^)。ヤミツキっていうところ。横浜駅から徒歩1分の「たぬき小路」の中央にできたワインバーで、最近多いタイプの洋風立ち飲み。2フロアで1階が立ち飲み、2階には席があるけど混んで来るとここも立ち飲みになる。

g946109rc_1_1[1]ワインバーなので酒はワインがメイン。400円からある。ワインは奥の壁一面に並べてあり梯子で店員がとる。スペース効率がいいなあ、と感心。フードは「ヤミツキ煮込み」っていう、じっくりコトコト煮込んだシチュー(っていうより欧風モツ煮)が名物だそうだ。コレ、頼んでみたが味の方はまあまあかな。他には「鎌倉野菜のバーニャカウダ」っていうヘルシーメニューもオーダー。うん、こういうのがワインには合うね。カトラリーはテーブルの下の小さい引き出しに収納されていて、ここから勝手に取り出して使うようになっている。こんなの初めてだよな。

昭和レトロっぽい独特な雰囲気。狭いけどユニークな店の作り、気さくな感じの女性スタッフ。狭いのにやたら混んでいるのに居心地がいい。それが何か不思議だな。一人でふらっと入ってもスタッフと会話しながら楽しめそうな店だね。

ジェムストーンって知ってます?

どーもご無沙汰です。今日は暑かったですねえ。初夏っていう感じです。さて、今日は久しぶりに科学雑貨のご紹介です。ジェムストーンってご存知でしょうか。宝石などに使われる美しい鉱物のことを言うんですよ(⌒∇⌒)。

18-8610この「天然石標本 GEM STONES 25種 」は、世界各地で収集した25種の美しい天然石を一箱におさめたもの。ルーペでその表面を拡大してみると、自然が作り出した神秘的な美しさを間近に見ることができます。ミュージアムショップで昔はよく売っていたものですが、最近はあまり見かけませんね。この機会にぜひどうぞ。奥がふかーい石マニアの入口ですね(⌒〜⌒)。

※箱の裏には各鉱物の英名、和名、硬度、比重、結晶系、化学組織、主な産地が記載されています。

中目黒 雑貨屋散策

IMG_4654久しぶりに中目黒である。本当はサクラの季節にプラリとしたかったのだが、事情があって先日となった。少し昔、恵比寿・代官山・中目黒はお洒落スポットのトライアングル地帯などと呼ばれた時代があったが、今はゆるい空気が漂う「妙に居心地のいい街」になっている。

駅前の山手IMG_4657通りは交通量が多く新旧混在した古き良き街並みだが、一つ路地を入ったところにはファッション系や飲食系のお洒落な店が点在。旧家屋を改造した面白い造りの店も多い。雑貨屋やインテリア、アンティーク等のショップが多いのは目黒川沿い周辺や青葉台あたりだ。僕たちが先日プラリ立ち寄ったショップをご紹介。

初夏の1日を過ごすにはもってこいなので、参考にしてね。

gaku
IMG_4642昭和の古雑貨を扱う店。レトロモダンで、バラエティに富んだ品揃えがなかなか。『これ売り物なの?』っていうレア物もあって好きな人には楽しそう。でも興味のない人は居心地が悪いよなあ。

COW BOOKS
IMG_4648松浦弥太郎氏が小林節正氏と2002年に開店した自由をテーマにしたブックストア。松浦弥太郎氏の考え方や歩んできた道のりは「最低で最高の本屋」っていう本に詳しい。本好きにはたまらないショップだ。

ハイジ
IMG_4660BAG・アクセサリー・雑貨などのハンドメイド作品の店。作っている作家や職人は約50名だそう。こういう可愛さを好むナチュラル系の女子が森ガールなのかな(違うかなあ?!)。


Passe Compose

IMG_4662西洋の雑貨とアンティークの店。外国のアパートメントのような素敵な外観に引き込まれた。フランスの蚤の市で見つけてきたという、食器類や家具、そしてファブリックや手編みのレースなどが並ぶ。

 

BUGS & GARDENER
IMG_4656乳幼児のおもちゃ・楽器・文具・洋服を扱うセレクトショップ。ヨーロッパ中心の安全でデザインに優れたおもちゃは点数が少ないものの良いものばかり揃えている。洋服はオリジナルも並ぶ。

 

COMMUNICATION MANIA
IMG_4664ステーショナリーを中心に、キャラクター物やアクセサリ、そしてインテリアから自転車まで幅広く揃う。人とコミュニケーションをとるための雑貨というのがコンセプトのようだ。

ハタゴ
IMG_4659ヴィンテージエアライングッズを専門にセレクトしている日本唯一のショップだ。エアラインバッグや食器・ポスターをはじめ、嬉しい事にスチュワーデスユニフォームまである。店内にいる犬がカワイイぞ。

 

スマイリーボタン
IMG_4663キッズ&ベイビーのアパレル専門店。アメコミ風イラストとか70年代のレトロでキッチュな柄とか、POPでカラフルなデザインの服がどっさりある。知っている人には有名なショップらいしい。

妻が行きたかったcolobockleは残念ながらお休み。絵本作家の立本倫子さんのお店兼アトリエだ。

という訳で中目黒。BALS TOKYOなどのメジャー処もあるが、中目黒はやっぱり「好きな人にはたまらない」っていう感じの小ぶりユニークショップが断然面白いね。

中目黒ピッツエリアエトラットリアダイーサ。世界チャンピオンに納得だ。

IMG_4644久しぶりに中目黒に行ったついでにPizzeria e trattoria da ISAでランチをした。2007・2008・2009年と、ナポリで行われる世界ピッツァ選手権で3年連続優勝した山本尚徳氏。彼が2010年開店した店だ。この店はまったく高級感はなく、ナポリの下町にあるピッツェリアそのもの(´▽`)。誰もが気軽にくつろげる雰囲気がいいね(席は窮屈)。11時半頃にはもう長い列ができていて、噂通り大変繁盛している。でも緊張感はまったくなく、そのルーズさも本場イタリア風かな(笑)。

IMG_4645IMG_4646ランチだと15種類くらいのピザが全部1000円になる。妻はマルゲリータ、僕はマリナーラを注文する。マルゲリータはトマトソース・モッツァレラチーズのどちらも美味しさを主張している。マリナーラはトマトが素材感が生き、生地本来の味が存分に楽しめ、モチモチ感たっぷりの美味しさ。ニンニクの香りが程良く旨い。僕の好みとしてはチーズのこってり感があるマルゲリータかなあ。どれもサイズが大きいので、複数で行ってシェアするのがおススメ。僕は妻が頼んだマルゲリータの1/4まで食べてお腹一杯。当分ピザはいいかな(満足度かなり高い)。ココはお天気のいい日に行ってテラス席でピザ&ワインが一番気持ちよさそうだよ(^∀^)。

 あと、今後支店展開し始めたら山本氏が店にいるとは限らないので、店で生地をクルクルまわして焼いている今がチャンスかも!

簡単、楽しい。ふんわり焼きドーナツメーカー

ドイツのcloer(クロア)社。調理・小物家電を主に展開しているメーカーですが、ココは何と言ってもワッフルメーカーで有名。世界的トップブランドの地位を築いています。そのcloerから Donut Maker が登場。コレ、油を使わず簡単に調理できる焼きドーナツメーカーなんですよ(^_^)ニコニコ。

img10413938802油で揚げないのでヘルシーで食べやすく、おいしいと評判のドーナツ。それが手軽に作れるなんて嬉しいじゃありませんか(⌒〜⌒)。ホットケーキミックスを利用、生地がこびりつかないノンスティック加工。だから後片付けもペーパータオルなどでサッとふくだけ。これまた嬉しいですよね(⌒-⌒)。もちろん薄力粉やベーキングパウダーなどを使って本格的な焼きドーナツも作れますよ。

 焼きたての、アツアツふんわり焼きドーナツをぜひどうぞ♪

中華街 まるた小屋

約2週間ぶり。いつの間にか5月になってGW真っ只中だね。今日は夕方から中華街に行って家族でプラプラして来た。いやあ凄い人出だったね。こんな混んだ中華街は久しぶりだ。

14011703_1892_1僕は前から一度行ってみたかった「まるた小屋」というところに嫌がる家族を連れていった。ココはカウンター席がメインの屋台風のお店。ハッキリ言って汚い。もともとは焼き豚専門店だったらしいが、今は激安ラーメンが評判になっている。人気メニューはフカヒレラーメンとちゃーしゅうねぎラーメン。僕と息子はフカヒレラーメンを食べたのだが、スープは豚肉のコラーゲンが溶け込んだコッテリとろみのある醤油味。麺はちょっと細めで柔らかめ。それなりにフカヒレが入っていて500円は安い。妻と娘は315円のちゃーしゅうねぎラーメン。ここの店名物のチャーシューのきれっぱしが微量(´∀`入っている。娘はチャーシューがガツンと入っていると思っていたらしくブツブツ文句を言っていたが、315円という値段の前には納得せざる得ない。些細なことにウルサイおばさんのようである。肝心の味だが値段相応かな(^∀^)。

この店は夜遅くまでやっている。なので、近場の人がメンマなんかをつまみにしてビールを飲んで、最後にラーメン食べて帰るっていう感じだろう。遠方からわざわざ来て入るような店じゃあないね。このラーメンじゃ悲し過ぎる。

ご挨拶
2015年10月、10周年を機会にブログタイトルを「ヨコハマ スローライフ」に変えました(原点回帰ですね)。たまに思いついたように日記を書いています。
バックナンバー
最新コメント
リンク