ヨコハマ スローライフ

ゆったり、まったり、横浜スローライフ。ありふれた毎日を心地よくする音楽、雑貨、グルメなど…

October 2012

DETOURS / シェリル・クロウ

416873_417530074968559_1609182154_n土曜日の午後、ミルクティーを飲みながらシェリル・クロウのDETOURS(ディトアーズ )っていうアルバムを聞いているところです。

初期の彼女のアルバムを聴いている錯覚を起こすような、ナチュラル、オーガニック、そしてカッコいいロック。なかなかの雰囲気です。 このアルバムは乳ガンとの闘い、恋人との別離など、プライベートな出来事が作品に反映されていて、シェリル・クロウの生き様そのものを詰め込んだ作品になっています。

元気が出る一枚。

DETOURSっていうタイトルは“回り道”“遠回り”という意味です。

たまプラーザ レ・サンス

1b8d8bf7一度行きたいと思っていたフレンチレストラン、レ・サンスでランチしました。ココは、あざみ野駅からたまプラーザへと続くけやき並木の長い坂道の途中にあり、郊外の静かなレストランという佇まいです。
 
メニューは「開店15周年感謝記念」という事で、夜のプティ・コース4,800円が2,400円、フルコース3,100円になっていました。僕らはフルコース(アミューズ+前菜+魚料理+肉料理+デザート+プティフール+飲み物)にワインを注文しました。

アミューズはグジェールのスワンと野菜のムース添え。スワンの形をした塩味のシュー生地に半熟玉子が入っていて、なかなかオシャレです。前菜は僕はパテ・ド・カンパーニュ、妻はイベリコ豚。どちらもオーソドックスではありますが、酸味のあるドレッシングをかけたサラダを飾ってあり、見た目も華やかです。メインの魚はあさりバターっぽい風味の海鮮ダシがかかったスズキ、なかなか上品な味です。肉料理は野菜のチュイルが乗ったフランス産頬肉。筋がきつ過ぎて切れず暫く格闘してしまい、結局いただけませんでした。残念な一品です。
 
サプライズはプティフール。見た目のインパクトがありますね。綿あめが乗ったオレンジムースで、手でちぎって食べる綿あめがフレンチに何とも不似合いで面白いです。
 
全体としてあっさりとしています。素材を生かす方向の様ですが、アートっぽい見た目の割にはオーソドックな味ですね。ポーションはそう大きくありません。男性の僕にはちょっと物足りませんが、奥様方にはちょうど良いのかもしれません。
 
給仕のお兄さんの人の良さそうな感じがほんわかして+0.5。で、★3つです。

翼の折れたエンジェル

_SL500_AA300_3連休も終わりですね。
僕は窓枠のペンキの塗り替えをしていました。といってもヤスリ掛けの段階なんですけどね(´∀`)。その作業中にとっても懐かしい曲を聴きました。

「翼の折れたエンジェル」。

そう、1980年代に流行ったカップヌードルのCMで、中村あゆみが歌って相当流行った曲です。思えば、中村あゆみって当時、相当Rockしてましたよねえ。ファッションもポニーテール&パラシュートスカートで1950 年代風。当時はフィフティーズブームがまだ続いていて、ガレッジパラダイス東京(原宿)・クリームソーダ(渋谷)・ピンクドラゴン(渋谷)といったショップも、その手のローラー族に大人気でした。

いやあ、懐かしいです。
僕はローラーじゃなくパンクでしたが…(笑)。

この究極のベストは、そんな中村あゆみのヒット曲が揃った一枚。「真夜中にラナウェイ」「ともだち」「ちょっとやそっとじゃCan’t Get Love」など懐かしくも色褪せない曲でいっぱいです。ハスキーボイス、曲調はどれもポップでキャッチー。今聴いても、なかなか良いじゃない、と思わせる力がありますよ(′∀`)。懐かしさに目が潤んで★3つ半です(笑)。

コロンとした可愛いフォルム

EJ055-00-0000-0106_mpop最近ニッポンのプロダクツに心惹かれます。

たとえば南部鉄器の急須。

どうです?

飽きのこないシンプルなデザインで、長く使い込むほど味わいが出てきそうですよね。

南部鉄器の急須の魅力は何といっても保温性に優れているところ。冷めにくいため、ティータイムをゆっくりと楽しむ事ができます。

南部鉄器の急須は熟練の職人の手によって、約80もの工程によって作り出されています。

このOIGEN/急須たまご形は岩手県水沢市で約150年前より鉄器を作り続けている鋳物メーカー「及源鋳造」のもの。平安時代より受け継がれてきた伝統工芸品・南部鉄器を、最も身近な存在として楽しめます。繊細な鋳肌とたまご形が可愛らしいこの急須は、鉄の造型作家・廣瀬慎氏がデザインを手掛けています。

大事に使えば一生物モノですよ。
ご挨拶
2015年10月、10周年を機会にブログタイトルを「ヨコハマ スローライフ」に変えました(原点回帰ですね)。たまに思いついたように日記を書いています。
バックナンバー
最新コメント
リンク