ヨコハマ スローライフ

ゆったり、まったり、横浜スローライフ。ありふれた毎日を心地よくする音楽、雑貨、グルメなど…

May 2014

生香園の五目焼きそば

IMG_1773馬車道(横浜関内)にある生香園。一時TVによく出ていた周富輝氏の店。昔は本人が道に出ていたりレジを打ってる姿を時々見かけたものだ。 
昨日はここの本店でランチ。頼んだのは五目焼きそば。人気があるのか店内には焼きそばを頼んでいる人が多い。
パリパリに焼かれた麺にたっぷりの具材の焼きそばは、少し味が濃いけど美味しい。でも、ちょっと量が多いかな。焼きそばって味は単調だから、この量だと食べ飽きる。

本館には、なぜかランチセットはない。

久しぶりのラーメン神座

IMG_1769関西では有名なラーメンチェーン、神座。

今までは横浜には店舗がなかったのだが、昨年マークイズのフードコートに出店。行ってみると隣の「博多だるま」よりも並んでいる人が多く賑わっているじゃない。7〜8年前に渋谷店で食べた以来だから随分と久しぶりだ。

ココのすき焼きのように甘ったいスープは、ラーメン通には好みが分かれるところだが、僕はけっこう好きだ。たっぷりの白菜もよく馴染んでいてうまいぞ。難を言えば麺かな。いかにもチェーン店っていう麺が惜しいところだ。

ココのラーメンは2・3回食べると妙にクセになる。不思議。

タイイング ナウ

IMG_1696久しぶりにフライ(毛針)を巻いた。

ここ数年はいろいろ忙しくて殆ど釣りに行っていないが、休日の午後FM放送を聞きながら毛針を巻いた。夏に向かってなのでテレストリアル(昆虫を模したフライのこと)だ。ボディをキラキラ光るピーコック風のシンセティック素材を使う。うん、なかなか良い出来だな(満足)。

4本巻いたら飽きた。どうも集中力が続かない。やっぱりいついつ釣りに行くっていう目的がないとダメだなあ。

なんでもそう。そろそろ何か始めよっかな。

ブログタイトルが変わりました。

_AA160__AA160_ブログタイトルを「横浜スロースタイル」から「横浜カフェじかん」に変更した。タイトル変更はこれで4度目である。

最初(9年前)は「横浜ズッコケ家族の雑貨生活」というタイトルだった。子供たちはまだ幼く、どこに行くにも、何をするのも一緒で、可愛く少し間抜けな暮らしぶりを記録に残しておきたかったわけだ。この頃の記事を読むと、懐かしい思いがよみがえるな(しみじみ)。

そんな家族の季節はあっという間に過ぎ去り、起業の忙しい時期に「横浜雑貨スタイル」へとタイトルを変えた。妻が雑貨&トイショップの店長をやった関係からブログと連動させたわけだ。当時多かったんだよね、店長日記みたいなやつ。その後、普通の暮らしに戻るとともに「横浜スロースタイル」へと変更。あくせくビジネス・仕事するよりも静かに落ち着いて過ごしたい、という気持ちだった。僕の場合、人生の揺れ幅が妙に大きいな(笑)。

で、今回。カフェじかんと言っても別にカフェ巡りをするわけじゃないし(最近はもっぱら鎌倉寺社巡りが中心だ)、まあ、何となくの気分。 気分と言えばブログタイトル変更記念で(相変わらず強引だな)、最近ハマっているCD を紹介しておこう。ロバート・グラスパーの「Black Radio」「Vol. 2-Black Radio」。HipHopとJazzをミックスしたようなサウンドでクールでオシャレ!

休日やクルマの中はコレで決まり!都会的で洗練された時間を過ごせる。

 ★詳しくはコチラ!
Black Radio
Vol. 2-Black Radio

布袋様のお腹を触る。

タケル クインディチでランチした日は、近くの建長寺と浄智寺に参拝した。

IMG_1653_FotorIMG_1647_FotorIMG_1681建長寺は鎌倉五山第一位の臨済宗・建長寺派の大本山。質実剛健ながら威厳を誇っているのが武士の都らしい。庭園を見てハイキングコースというのが定番だが、時間がないので止めにした。

浄智寺は、鎌倉五山第四位の寺。
五代執権北条時頼の三男宗政の菩提を弔うため、夫人と子師時が創建した。僕はこの浄智寺の威圧感のない鄙びた感じが何とも好きだ。石段で入口まで登って行く静かな雰囲気も何とも味わい深い。石段の減り具合に参拝する人と過ぎし時間の長さを感じる。寺の奥には洞窟がありそこに満面の笑みの布袋様が佇んでいる。布袋様のお腹を撫でると元気が貰え、ご利益があるそうだ。

僕もほっこりした布袋様のお腹に触れ、これからの正しい生き様を願った。

タケル クインディチ

IMG_1634_FotorIMG_1640_Fotor「ゴールデンウィーク前後に2日休暇を取得するように」という人事部からの通達をまったく無視して暦通りに出勤。でも、明日からは4連休。子どもも大きいので、我が家は皆、単独行動である。

さて、先日鎌倉に寺社巡りに行った際に予約でいっぱいだった古民家イタリアンに昨日、メーデーの休みを使って行って来た(今回は事前予約。ぬかりない)。この店、(@Takeru_Quindici )と言う。北鎌倉駅から徒歩1分、東慶寺の門横にひっそりとある。古民家そのものの地味な佇まいなので注意しないと通り過ぎてしまう。

IMG_1636_FotorIMG_1639_FotorランチはPranzo.A〜Cの3種類。すべてコースでアラカルトはない。僕らは真ん中のBをオーダー。アンティパスト+パスタorピッツァ+ドルチェで、最後に飲み物がつく。これで1850円。肉か魚のメインをつけると2800円程度になる(Pranzo.C)。パスタやピッツァで量的に充分なのでメインまではいらないかな、っていう事になった。周りもメインまでオーダーしている人は少ないようだ。

IMG_1642_FotorIMG_1643_Fotor店内は薄暗く中々良い雰囲気なのだが、如何せんサーブが遅い。1時間に二皿。その後、20分で残りがバタバタ出て来るバランスの悪さには参った。遅くて妻が不機嫌になり、不穏な空気が流れる。昔と違って気分を露に表現するようになったなあ。肝心の味は普通に美味しいが、印象に残るような、後をひくような感じはなかった。ランチは観光客相手で、お店としての実力は夜にありそうな気もしないではないね。ただ、釜焼きのマルゲリータは香ばしく、鎌倉で焼きたてのナポリピッツァが味わえるのは貴重。あっさり目だがチーズの食感もいい感じだ。

ここはリーズナブルな値段で鎌倉気分を味わえる。北鎌倉の寺社やハイキングに来た際には行ってみる価値はあるだろう。
ご挨拶
2015年10月、10周年を機会にブログタイトルを「ヨコハマ スローライフ」に変えました(原点回帰ですね)。たまに思いついたように日記を書いています。
バックナンバー
最新コメント
リンク