ヨコハマ スローライフ

ゆったり、まったり、横浜スローライフ。ありふれた毎日を心地よくする音楽、雑貨、グルメなど…

November 2014

ミクニ ヨコハマ

IMG_2028IMG_2031IMG_2036ミクニ ヨコハマでランチ。ヨコハマスペシャルランチBに季節のポタージスープをつけて5500円。前菜・スープ・魚・肉・デセール・カフェのコースで、魚料理は真鯛、肉料理は蝦夷鹿でした。ミクニ ヨコハマは横浜近隣で採れた野菜や海産物を使っているそうで、どの皿も美しく、スカイビル最上階(29階)からの風景とともに華やいだ気分にさせてくれます。オープンキッチンというのもカジュアルでいいですね。
IMG_2035IMG_2040
料理は素材を活かした比較的軽い感覚のもので、素晴らしく美味しかったです。また来ようかなと思わせる料理と接客。さすがです。

ティム・バートンの世界

works_1IMG_2022works_10先日、森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ)で開催中の「ティム・バートンの世界」に行って来た。ティム・バートンはアメリカの映画監督で「アリス・イン・ワンダーランド」「チャーリーとチョコレート工場 」「マーズ・アタック! 」「バットマン・リターンズ 」「シザーハンズ 」などの作品で知られている売れっ子。可愛いけどちょっと不気味(キモかわいい)な、独特の世界観を持っていて、今回彼のアートワーク(スケッチやデッサン、写真作品、オブジェ等)約500点が展示されるというので、見に行ってきたというわけ。

人気の映画を数多く手がけ、世界的に知名度があるという事もあってか会場は大変混雑していたが、とても面白かった。鋭い牙がモチーフとしてたくさんの作品に使われているので、「なんか⚪︎⚪︎(息子の名前)の幼い頃の絵に似ているな」と率直な感想を妻に漏らしたところ、ゲラゲラ笑って「相当な親バカだね」とひと言。そうは言っても、ティム・バートンの作風は幼い男の子が描く絵のテイストに何となく似ている。売れっ子アーチストというのは、こういう忘却されたピュアな部分とクリエイティブ、そしてマーケティングセンスを持ち合わせているように感じられた。1/4まで開催されているようだ。

オー・コアン・ドゥ・フーでサーモン

IMG_2007IMG_2003久しぶりにAu Coin du Feu(中目黒オー・コアン・ドゥ・フー )に訪れた。目的はココのスペシャリティ「厚切りサーモンの瞬間燻製温泉玉子添え」を食すため。ランチコースの前菜にしたほうがお得のようなので今回もそのようにした。コースは前菜・スープ・メイン・デセール・カフェでプリフックススタイルだ。前菜は当然「厚切りサーモンの瞬間燻製温泉玉子添え」、妻は「フォアグラ入り地鶏のパテ」にした。

IMG_2011IMG_2013メインは本日の鮮魚でスズキのポワレである。以前よりも多少ポーションが小さくなっている気がするが、以前の暴力的とも言えるほどの分量が凄すぎたわけで、これくらいで十分である。瞬間燻製されたサーモンは実に美味で白ワインがよく合う。スズキのポワレは表面カリカリで中ふっくっら。一切れが大きく食べ応えがる。

平日の昼間という事もあり奥様たちがランチ会をしており、店内がファミレスのように騒々しかったのが少し残念だったかな。

FIT3

IMG_1997新車に替えた。7年ぶりである。FIT3ハイブリッド。子どもは大きくなって、家族みんなでクルマに乗ることも少なくなったので、コンパクトカーにした。ハイブリイドなので燃費がよく、コンパクトなので運転しやすい。乗り心地は、ハイブリッドにしては良くも悪くもスポーティー。ホンダらしいね(笑)。
次はMINIと密かに決めていたんだけど、妻が維持費が高い外車は嫌だと拒否権を発動。ほとんど遠出はしないし、クルマには余計なお金をかけたくないから、けっこう良い選択だったかも。
ご挨拶
2015年10月、10周年を機会にブログタイトルを「ヨコハマ スローライフ」に変えました(原点回帰ですね)。たまに思いついたように日記を書いています。
バックナンバー
最新コメント
リンク