IMG_0326寒い。冬が戻って来たかのようだ。

こんな日の気分は鍋焼きうどん。妻の実家近くの「満留加」という蕎麦屋、僕はココの鍋焼きうどんがたまらなく好きなのだ。

具は海老天・卵・なると・かまぼこ・ねぎ・太葱・えのき・ほうれん草・竹の子・麩。麺は平太麺、そして汁はちょっと甘く濃いめ。豚肉が少し入っていて、そこから脂が出ていて良い感じでコクがある。蕎麦屋なのにラーメンから丼ものまでやたら種類が豊富(笑)。ふつ〜レベルの街の蕎麦屋なのに、鍋焼きうどんだけは侮れないほど美味いのが不思議だ。

「満留加」は明治33年に創業、今では首都圏に300店舗以上あるみたいで、いわゆる暖簾分けで増えたそう。増田屋みたいなものかな。

※蕎麦以外のメニューは作り方もバラバラらしいので、他店の「満留加」の鍋焼きうどんが美味いかは、謎です。