IMG_1634_FotorIMG_1640_Fotor「ゴールデンウィーク前後に2日休暇を取得するように」という人事部からの通達をまったく無視して暦通りに出勤。でも、明日からは4連休。子どもも大きいので、我が家は皆、単独行動である。

さて、先日鎌倉に寺社巡りに行った際に予約でいっぱいだった古民家イタリアンに昨日、メーデーの休みを使って行って来た(今回は事前予約。ぬかりない)。この店、(@Takeru_Quindici )と言う。北鎌倉駅から徒歩1分、東慶寺の門横にひっそりとある。古民家そのものの地味な佇まいなので注意しないと通り過ぎてしまう。

IMG_1636_FotorIMG_1639_FotorランチはPranzo.A〜Cの3種類。すべてコースでアラカルトはない。僕らは真ん中のBをオーダー。アンティパスト+パスタorピッツァ+ドルチェで、最後に飲み物がつく。これで1850円。肉か魚のメインをつけると2800円程度になる(Pranzo.C)。パスタやピッツァで量的に充分なのでメインまではいらないかな、っていう事になった。周りもメインまでオーダーしている人は少ないようだ。

IMG_1642_FotorIMG_1643_Fotor店内は薄暗く中々良い雰囲気なのだが、如何せんサーブが遅い。1時間に二皿。その後、20分で残りがバタバタ出て来るバランスの悪さには参った。遅くて妻が不機嫌になり、不穏な空気が流れる。昔と違って気分を露に表現するようになったなあ。肝心の味は普通に美味しいが、印象に残るような、後をひくような感じはなかった。ランチは観光客相手で、お店としての実力は夜にありそうな気もしないではないね。ただ、釜焼きのマルゲリータは香ばしく、鎌倉で焼きたてのナポリピッツァが味わえるのは貴重。あっさり目だがチーズの食感もいい感じだ。

ここはリーズナブルな値段で鎌倉気分を味わえる。北鎌倉の寺社やハイキングに来た際には行ってみる価値はあるだろう。